(土)回顧と(日)競馬

 (土)回顧。

 札幌メイン。
 軸2番は4着。
 相手筆頭の14番が3着。
 2頭軸の3複も買っていたのですが、1頭、余計なのが上位に来ちゃった、と。
 春季OP出走の3歳馬が2着枠3着枠、なので、「対」になっていた、と考えて良いのか。
 来年はその辺から見当の糸口を。

 小倉メイン。
 軸4枠馬が、先行抜け出しで粘り切って1着。
 勝った7番ではなく、8番では?と、枠連のほかに8番からのワイド流しも買っていました。
 ともあれ、相手に1番人気馬の同枠馬が入って、券王的には「代用×代用」ではありましたが、的中。
 それはそれで良し。
 ところで、このレース、見落としがありました。
 1つは、(土)(日)メインで和田騎手が15番だ、と。
 もう1つは、以下。
 9R 15番デムーロ 16番鮫島駿
 10R 6番デムーロ 7番和田
 11R 15番和田 16番デムーロ 1番鮫島駿
 で、先週(土)的中馬券を掴んだ、変則騎手3連続接触の形。
 9Rでデムーロ、10Rで和田が、それぞれ2着。
 10Rでは10頭立ての6番=1順して16番のデムーロが人気で不発。
 11R、デムーロじゃないのか?と思いながら、レースを待ちましたが、結局デムーロ不発。
 そして、小倉の12R。
 2枠が、3番和田、4番鮫島駿、となっていたので、使われていない鮫島駿が馬券に?
 12R、4番からの馬券にはそういう理由があったのですが、不発でした。

 (土)、またしてもマイナス・・・。

 (日)競馬です。
 
 札幌記念。
 (土)(日)メインの比較で、8枠マイネル・丹内が浮上。
 (日)新潟メインでも、8枠にマイネル。
 そして、札幌、大外が笹田厩舎で、新潟最内が笹田厩舎。
 実績馬の好走が目立つレース,という事もあり、軸は8枠13番にします。
 相手に3、5、8枠を中心、あと押さえ。
 
 北九州記念。
 昨年は除外馬が出て、除外戦1着歴のあったバクシンテイオーが勝利。
 ともあれ、除外戦を挟んだ事で、傾向が変わる、とするなら。
 バクシンテイオー(の枠)もう一丁、でどうでしょうか?
 2頭しかいない、高松宮記念出走馬が、8枠に同居の妙。
 相手に、前走1600万条件戦勝ち馬の4枠5枠7枠中心視。

 最後、新潟。
 
 9R 11番戸崎 12番岩田
 10R 11番戸崎 12番岩田
 11R 12番岩田
 と、3連続で岩田騎手が12番。
 
 9R 6枠 11番国枝厩舎 12番岩田
 11R 7枠 12番岩田 13番国枝
 の騎手調教師セットもあります。
 その辺を確認しつつ。
 10R、8枠が、件の戸崎・岩田、な訳ですが、厩舎が角居・友道、なんですね。
 この2人の関係から考えても、この8枠は大本命、少なくともどちらかは馬券に絡む、と思います。
 しかし、現在、単勝1番人気2番人気馬の同居、という事になっています。
 ちょっと手が出せません。
 
 11R、9Rで岩田が不発、10Rでも3着以下、であるなら、岩田騎手の狙い目がありそう。
 それはそれとして。
 11Rの4枠と12Rの6枠が騎手セット。
 11R 1番柴田善 2番津村
 12R 1番柴田善 2番津村
 になっています。
 11Rで、1番2番が馬券に絡まない場合は、12Rの1枠狙いで。
 12Rの1枠、1番と2番が同居なので。
 参加する場合は枠連1-5、本線。
 5枠は関係性あり、の枠、と思います。

(土)競馬

 出先から、今、帰宅。
 札幌は外しましたが、小倉は的中。
 回顧は後にして。
 小倉の12Rに、急遽参加。
 軸は2枠4番。
 ワイド中心で、相手筆頭が8番。

8/19(土)競馬・前夜版

 (土)競馬の前夜版。

 前項で書いた、札幌メイン、札幌日刊スポーツ杯。
 
 レジェンド - アドマイヤ>ロード

 の図式で検討、と。
 枠順を見て。
 レジェンドが2枠。
 アドマイヤが8枠で、同枠が前走勝ち上がり馬。
 枠順的には、8枠の方が2枠より狙い目がありそうな感じなんですね。
 アドマイヤに騎乗は、今週から短期免許で来日のモレイラ騎手。
 同じく短期免許で来日中のホワイト騎手は、騎乗初日のメインを「ごっつぁん」勝利でしたからね。
 しかし、矢張り、前走芝2600を勝ちあがってここに出走の唯一の馬、であるし。
 2枠を軸にします。
 そして、相手筆頭に8枠。
 枠連2-8で、現在、13倍。
 これで決まるなら、かなり取り返せそう。
 
 それはそれとして。
 
 3場メインについて。
 
 (土)(日)の比較で。
 (土)札幌では8番12番13番が数字合わせあり。
 (土)小倉では8番が数字合わせあり。

 (土)3場メインの比較で。
 札幌と小倉の3番がメイショウ馬名馬。
 札幌と新潟の9番(新潟は8頭立てのため1順して)が角居厩舎。
 札幌と新潟の13番(新潟は9頭立てのため1順して)がマイネル馬名馬。
 小倉と新潟の8番が河内厩舎。
 と、共通項あり。
 
 札幌に関しては、枠連のほかに、2-14-の3複フォーメも買うので、該当馬はヒモ候補、として。
 
 小倉メイン、TVQ杯にも参加。
 このレースは昨年からハンデ戦に変更で、セオリー通り、前走下級戦勝ち上がり馬の同枠馬が1着。
 今年、前走500万条件勝ち上がり馬は1頭で、7番。
 昨年同様、小倉ダ1700の勝ち馬です。
 だから、この4枠は要注意。
 その視点で行くと。
 前述、メインの比較で。
 8番は、(土)小倉と新潟で河内厩舎、プラス、岩崎騎手の(土)(日)メインでの数字合わせ、がある訳で。
 現在、8番は単勝9番人気、7番は4番人気、4枠からの枠連では14倍以上、のオッズ。
 枠連をまず買って、8番からの馬券を。

今週の競馬

 今週の出走馬が確定。

 (土)札幌メイン、札幌日刊スポーツ杯を調べました。
 現行条件で3年目。
 過去2年のポイントになりそうなのが、2つ。
 
 A・・・3歳馬 → 春季重賞出走馬は A* とする
 B・・・前走500万条件勝利 等距離芝2600勝利馬は B* とする

 2016年
 1着 A* B
 同枠 A B*
 2着 A B*
 同枠

 2015年
 1着 B*
 同枠 A B
 2着 A*
 同枠 A

 となっています。
 特殊距離戦、という事もあって、連対枠のいずれかに、B* が存在で、直接連対。
 今年は該当馬が登録の段階から1頭のみで、レジェンドセラー。
 まず、この馬、そして枠、を検討を。
 因みに、同馬は3歳なので、A でもあります。
 過去2年、連対枠のいずれかに A* が存在で、直接連対。
 今年は、これも同じく1頭で、アドマイヤウイナー。
 ただし、A*の * を、重賞出走ではなくOP出走、と捉えるなら、もう1頭、ロードアルバータが該当。
 レジェンド - アドマイヤ>ロード
 の図式で、検討したいと思います。

(日)回顧

 (日)回顧。

 いや~、今日もダメでした・・・。

 札幌メイン。
 軸1番で相手筆頭が2番、1-2-4の3複、とか書いて。
 人気薄3番が逃げてタレずにあわや3着?の見せ場タップリ3着。
 外から伸びてきた1番は惜しくない4着。
 第22回なのだから、いつもどおり、イレギュラー性のある2番を軸にするべきでした。
 2着の3枠については、圧倒的人気馬プラス三浦騎手、で、重視するべき枠だったし。
 何となれば、3枠から1枠2枠へ、でも良かったのかな~、と。
 
 小倉メイン。
 軸2番は競走中止。
 これは仕方がない、というか、グレーゾーン、というか。
 馬券が外れたことに変わりなし。
 勝ったのは、前日に続き和田騎手。
 数字合わせの(土)(日)メインを連勝、の形に。
 今野厩舎に対して、宮本厩舎馬の出走あり。
 また、3番和田、4番コパノ。
 前日は和田がコパノに騎乗で1着。
 (日)人気のコパノは疑問、とするなら、和田がもう一丁?は、考えられなくもありませんがね~。

 新潟メイン。
 外からロードクエストが追い込み態勢で、突き抜けるか?と思ったら、前が止まらず。
 行った行ったの前残り。
 勝った2枠は(土)(日)メインで同一騎手の同居枠、だったので、納得ではあります。
 NHKMC出走歴のある古馬が連に絡めず、藻含めて、残念な結果。

 今日も3敗で、今開催はマイナス決算必至の状態です。
 プラスにしようとしたら、当たり外れはともかく、それなりに突っ込まなければならない訳で。
 不調な時に、それは無謀ですから。
 リズムが上向く様に、まず、キッカケを掴める的中を目指して。
プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
予想方法
午前中、早い時間帯のオッズを分析して予想。その他、各種裏読みも。
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム