(日)競馬・2

 函館11Rが終了。
 13番は3着まで。
 上級戦歴のあった9番が人気薄逃げ切り。
 いや~、枠連は相手に4枠5枠8枠、としていたのですが、来るなら同枠8番の方かと・・・。
 2点的中狙いのワイドで、1-13の16.5倍は引っ掛かりましたが、残念。 
 (土)函館メインと同じ様な、重要枠の人気薄馬がヌケになっちゃいました。

(日)競馬

 阪神10Rが終了。
 軸8番武豊、中団から前を見る競馬で、着差以上に楽な内容で1着。
 2着に、同クラス等距離戦1着のち降級の13番。
 3着も6枠9番だから、重要枠だった事になりますね。
 距離実績馬だし、やや多めに。
 馬連18.9倍は、充分な配当でした。

 函館10Rでは吉田隼騎手が1着。
 11Rの結果を待たずに、12Rの5番吉田隼、圧倒的人気ですが、外して。
 9番から馬連少々、としてみます。
 9番の8枠、前半に騎手セット枠が2つあって、いずれも連対しちゃっているので、あわよくば、です。

 函館11Rは、7枠から行きました。
 騎手セットの前半戦は不発でしたが、勝浦騎手、7R7枠で既に1着。
 だから、こちらも、あわよくば。 

(土)回顧と(日)競馬

 (土)回顧。
 先週の払い戻しもあったので、立川場外へ。

 大沼S。
 軸を1番から6番に変更した判断は良かったのですが。
 6番は前を捕まえられず、3着まで。
 4枠からの枠連と、6番からのワイドで参加したのですが。
 ワイド、6番の相手に1着馬2着馬、共に拾っていませんでした。
 3枠は重視だったのですが、4番ではなく3番の方だったとは。
 1番人気の勝ち馬は、前走勝ち上がり馬で、低配当だし、切っちゃいましたから。
 因みに、メインで3着だった、吉田隼騎手ですが、12Rでも1着に。
 岩田騎手も、12Rで3着には入選でした。

 夏至S。
 しかし、こちらの石川騎手は、3連続パターンが不発。
 ま、全部、馬券に絡むわけではありませんからね。
 しかし、4番と14番の比較で、人気の4番を嫌って、結局4番の方が3着に。
 圧倒的人気で3着では、どうしようもありませんが。
 1着3枠、この枠のみ、1000万条件ダ1600戦勝ち馬の同居枠。
 同居枠は強い、そして、距離変更戦は等距離実績、のセオリーにはかなっていた訳ですね。

 他。
 阪神の垂水S。
 矢張り圧倒的人気の7番が、余裕で1着でしたね。
 これが、そこまで抜けた人気でなければ、といったところ。

 で、(日)。
 (土)(日)メインの比較で。
 福永騎手は(土)1着。
 横山典騎手、デムーロ騎手は不発。
 横山典は人気薄でしたが、デムーロは2番人気ながら、出遅れて馬券に絡まず。
 この事を念頭に、宝塚記念を考えます。
 軸はキタサンブラック。
 秋古馬3冠、ボーナスが設定された初年度に、テイエムオペラオーが達成で獲得。
 春古馬3冠初年度、ボーナス王手のキタサンが、馬券に絡まないとは考えられません。
 有馬記念とのグランプリつながりも、もちろんあるし。
 圧倒的人気のキタサンからなら、相手は絞りたい。
 別路線組、はどうでしょうかね~?
 大阪杯も天皇賞(春)も不出走だった馬は3頭しかいません。
 4番8番9番。
 7枠に同居です。
 という事で、キタサンの8枠から、7枠本線、念のため4枠押さえ。
 7枠8番ミッキークイーン・池江厩舎に対し、隣の7番が浅見厩舎で、同門。
 ついでに5番友道厩舎も同門ですが、友道の場合は6番角居厩舎とも関係性あり。
 そして。
 登録馬を見るまでは、ステファノスの枠、と考えていたのですが、登録せず。
 これ、連対遠慮?
 (土)、ステファノスの藤原英厩舎が、阪神メインを楽勝、ですからね。
 連対するべき馬が出走していない、という点で、ゾロ目決着になる可能性も。
 だから、キタサン・デムーロ、の、8-8も。
 以上、枠連は3点で。
 そして、枠順的に、キタサンからなら、8番はどうしても買わなければならない馬。
 なので、キタサン・ミッキー、2頭軸の3複を。
 相手に、2番5番11番、の3点。
 前売りで購入済み。
 ただ、5番福永は(土)メイン1着だし、5番6番の関係を考えるなら、むしろ6番の方?の気もしています。
 2番横山典の数字合わせに関して。
 3複の相手には拾いましたが、実際は疑問に感じています。
 ゴールドアクターは、吉田隼のお手馬、それが、前走から横山典に。
 降ろされた形の吉田隼です。
 宝塚でゴールド激走なら、吉田隼、可愛そう。
 だったら何か見返りを。
 の気持ちもあって、(土)メインで本命にしたのですが、3着止まり。 
 ま、最終は勝ちましたが。
 その辺も、一応、考えています。
 
 しかし・・・。
 (日)函館の吉田隼、異常ですね。

 10R 吉田隼 5番
 11R 吉田隼 5番
 12R 吉田隼 5番 10頭立てのため1順して15番

 1R 吉田隼 15番

 4連続、一応、4連続扱いではなく、3連続、プラス1、と解釈していますが。
 (日)メインで人気薄ながらすっ飛んで来る様なら、ゴールドアクターにプラス材料かも?
 
 それはさておき。
 函館11R、UHB杯。
 その前に、(土)メインを振り返って。
 (土)函館11R 13番 勝浦・14番 池添
 で、いずれも不発した。
 (日)函館11R、勝浦騎手が、再度13番。
 過去のUHB杯を調べると、2年前がゾロ目決着でなので、昨年を参考に。
 2着枠は両馬とも降級馬。
 1着同枠に、500万条件函館芝1200戦勝ち馬が組まれていました。
 その図式を参考に。
 すると、このレース、降級馬の出走は、なし、なんですね。
 繰り上がりで、春季上級戦歴馬を候補、とするなら6番の4枠と9番の5枠が浮上。
 500万条件函館芝1200戦勝ち馬は、7番12番。
 ただし、7番の該当レースは前走で、1着同着のイレギュラー、やや割引か?
 4枠が重なりますが、12番は勝浦の同枠です。
 人気は割れていますが、現在、4枠7枠が1番人気2番人気です。
 7枠は3R4枠と騎手セットなので、そちらが不発なら軸に。
 相手筆頭に、8枠ですね。
 14番 四位騎手
 15番 昆厩舎
 で、この2人は、関係性あり。
 後は、先に書いた上級戦歴馬の4枠5枠を重視して。

 もう1つ。
 (土)函館メインで、大外に配されたのが池添騎手。
 (日)は、わざわざ東京へ。
 その、東京メイン、池添は大外なんですね。
 小島茂厩舎のロードクエストで、現在2番人気。
 (土)東京メイン、小島茂厩舎は同じく8枠で出走あり、不発。
 両者の交点なので、軸、ですが、少頭数で人気がかぶっているので、参加するなら単勝少々かな。
 
 函館12R津軽海峡特別。
 500万条件ダ1700戦勝ち馬の好走が目立ちます。
 該当馬は2頭で5番と9番。
 圧倒的人気の5番は、先にも書いた吉田隼なので有力ではありますが、ここは9番が上位かと。
 しかし、馬連5-9で、3倍強ですからね~。
 思い切って5番を切ってみるのも、手、ですが。
 
 最後、阪神10R花のみちS。
 距離変更レースなので、距離実績馬を重視、が券王のセオリーですが。
 発走時刻変更予定レース、の視点から行きます。
 最終勝利イレギュラー該当馬は3頭が登録で、2頭が出走。
 7番のゾロ目1着、9番の取り消し戦1着。
 さらに調べると、9番同枠の8番、最終勝利ではなく、その前の勝利が取り消し戦。
 なので6枠は準同居枠、と解釈。 
 ここで、発見。
 キタサンについては特に検討していなかったので・・・。

 9R 武豊 逆6番 9頭立て4番は、1順して13番
 10R 武豊 逆6番
 11R 武豊 11頭立て10番は、1順して逆13番

 で、3連続数字合わせが成立。
 3連続馬券対象でもおかしくありませんね。
 先週(日)は、3連続パターンが2組あったのに、3着1度きり、の武豊ですから。
 9R11Rは1番人気なので、ここでの激走に期待。

(土)競馬

 函館1Rで、岩田騎手が9番人気ながら2着に飛び込みました。
 先週は、3連続パターンで柴山騎手が人気薄で馬券に絡んだし。
 あなどれませんね~。
 これで、残りの11R12Rは、割り引いた方が良いのかも。
 その視点で考えた場合。
 11R大沼Sは、芝重賞出走歴馬の方を重視か?
 昨年出走の2番なのか、2頭揃った4枠なのか。
 改めて出馬表を眺めると。 
 あ~、これかな?
 
 函館11R 吉田隼 6番 → 14頭立てのため、1順して逆23番
 函館12R 吉田隼 逆6番
 函館1R 吉田隼 10番 → 16頭立てのため、1順して逆23番 → 不発

 となっていますね~。
 今、気がつきました。
 芝重賞出走馬を重視、という戦歴特定が失敗の可能性もあります。
 事例が昨年のみ、ですから。
 しかし、同居枠が強い、というのは1つのセオリーでもあるし。
 枠順に押しがあるし、6番の4枠を軸に馬券を組み立てます。
 で、オッズを見たら。
 東スポでは、シルシ的に6番>5番、の評価ですが、単勝人気では5番の方が2番人気。
 矢作厩舎2頭出し並びでもあるし、外せない馬ではありますが。
 枠連を買いつつ、6番から、としてみます。
 相手は手広くですが、4枠からなら、1枠3枠8枠重視。

6/24(土)競馬・前夜版

 (土)競馬の前夜版。

 まずは、阪神11R垂水S。
 (日)メイン、宝塚記念との数字合わせあり。

 垂水S 9頭立て
 2番 デムーロ → 1順して11番
 7番 福永 

 宝塚記念 11頭立て 
 11番 デムーロ
 5番 福永 → 逆7番
 
 プラス
 2番 横山典 →1順して13番

 (土)東京11R夏至S
 13番 横山典

 です。
 (土)使用されなかったところを、(日)重視。

 それはさておき、垂水S.
 デムーロか福永?の視点で枠順を見るとして。
 過去の垂水Sを遡ると、4年前が3-3のゾロ目、以降、この3年は1着馬が1000万条件芝1800勝ち馬。
 該当馬は、3番5番6番7番9番。
 福永の7番が該当しています。
 (日)宝塚記念で福永は買いたくな位、という事情もあるし、軸は7番。
 しかし、現在、圧倒的人気ですね~。
 これは見送るしかありません。

 続いて、東京11R夏至S。
 今年、定量→ハンデ戦、ダ1400→ダ1600、と変更。
 前走下級戦勝ち上がり馬。
 等距離下級戦勝ち馬。
 を重視したいレース。
 前項でも書きましたが、両方を満たす馬の出走があるんです。
 4番。
 しかし、これも現在圧倒的人気に推されています。
 ただ。
 枠順的には、それほど狙い目がある様には思えませんでした。
 もう1頭の、前走下級戦勝ち上がり馬は14番。
 そして、1000万条件ダ1600戦勝ち馬は、4番5番6番8番9番。
 と、いう事で、軸は14番の7枠にして、相手に、4番5番6番8番9番の枠へ。
 7枠は現在人気薄で、楽しみあり。
 何故、7枠なのか。
 先週も書きましたが、二者択一で、選んだ逆に走られる事が、最近多めだ、と。
 2つの条件を持ち合わせ、なおかつ人気の4番を軸にしたくなるところ、だから、逆に14番を。
 それもありますが。
 ここ2週で書いている、騎手の3連続数字合わせパターンがあるんです。
 9R 石川 3番
 10R 石川 逆3番
 11R 石川 逆3番
 また、石川騎手は、11R14番ですが、4Rも14番。
 新聞を見る限り、4R9R10Rの石川騎手は無印で馬券には絡まないのかな?と。
 だったら、11Rはプラス材料。
 そして、同枠13番が横山典。
 宝塚記念との数字合わせあり、です。
 7枠は2人とも、馬券に絡んで不思議はない感じなんですね。
 まず、枠連を買って。
 一応は14番を重視しての馬連ワイド、3複、を考えています。
 大きくは参加しませんが、これが主力。
 
 最後、函館11R大沼S。
 一昨年がゾロ目決着、昨年を参考に。
 1着馬は、春季条件戦歴なし、重賞連対、G1出走あり、特別目立つところのないダートOP馬、モンドクラッセ。
 2着馬は、春季条件戦歴なし、芝重賞勝ち、芝G1出走の、ビービーバーレル。
 同枠馬は、春季条件戦歴なし、函館ダOP連対歴あり、昨年芝重賞出走のヒラボクプリンス。
 全馬に当てはまるのは、春季条件戦出走歴なし、の部分。
 今年の場合、春季条件戦出走馬の組まれた、5枠6枠7枠は、軸としては不適当。
 軸は1番にします。
 春季重賞出走はないものの、2年前のこのレース(OP函館ダ1700)勝ち馬で、同年重賞も勝利。
 そして、ここにもありますよ。
 11R 岩田 1番 → 14頭立てのため、1順して15番
 12R 岩田 1番
 1R 岩田 15番
 1R不発を見届けてから。
 そして、11Rも不発なら12Rの1番、という事ですが、12Rの1番は現在、抜けた人気になっちゃってますね。
 相手に、芝重賞出走馬の枠を重視。
 昨年芝重賞出走2番の2枠と、過去に芝重賞出走歴のある馬が同居した4枠。
 14番も、過去に芝重賞出走あり。
 その辺を重視しつつ。
プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
予想方法
午前中、早い時間帯のオッズを分析して予想。その他、各種裏読みも。
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム