FC2ブログ

(土)競馬

 東京メインは、第55回クイーンC。
 イレギュラー勝利馬、数頭出走。
 そのうちの2頭が、3枠に同居。
 3枠、3番ルメール・藤沢和。
 先週(日)、藤沢数厩舎馬、3枠で不発、同枠馬も3番人気4着まで。
 そしてルメール、1番人気着外。
 (土)東西メインで、藤沢和厩舎、逆12番・12番、の数字合わせ。
 ネットの予想オッズだと、3番は3番人気辺りなので、その面からも狙い易いです。
 問題は、馬主がシルクR、という事。
 先週、(日)メインで、シルクR馬が1着。
 そこが引っ掛かりますね。
 来るなら、1着よりも2着濃厚?
 で、先週メインの1着シルクが1枠、同枠が福永・藤原英。
 クイーンCの1羽句駕、同じく福永・藤原英コンビ。
 先週(枠としては)使ったのだから、軸にはしたくないところ。
 3枠軸、として。
 相手にはOP馬の枠。
 ま、1枠も含まれるので、そこまで軽視は出来ません。
 後は、4枠6枠7枠が該当、7枠は同居。
 中では、4枠、どうでしょう?
 5番がイレギュラー馬。
 6番武豊は、先週(日)メインで4枠4着、再度の4枠です。
 枠連3-4なら、理想。

 京都メイン、洛陽S。
 ここと小倉メイン、5番が同馬主。
 どちらかなのかな~?と見た時に。
 京都メインは4枠5番和田騎手。
 小倉、(日)メインの枠順は非・重賞のため、まだ未発表、として。
 (日)京都メイン、京都記念でも4枠の和田騎手、な訳で。
 音無厩舎馬に和田騎手、の組み合わせ、見落としがなければ今年2回目。
 何故?
 出番あり、だから?
 和田騎手は、9R4枠逆9番、10R4枠逆9番、の連続。
 ここは一発に期待。
 それから、先週(日)圧倒的人気で消えた8枠川田、ここでも再度8枠。
 同枠は先述、東西メインで数字合わせの藤沢和厩舎、こちらで激走も?
 5番から、8枠へ、というのが、本音。
 ですが、最近、人気の対抗馬(枠)が馬券になるも、軸走らず、のケース、多め。
 8枠軸、で、相手に4枠5番重視で組み立て、が正解なのかも、とも。

船橋9R、無念

 1番は最終的に2番人気。
 スタートからやや押して先団に取り付いて。
 行けそうかな?と思いましたが、4角あたりで失速。
 それでも、脚をためて直線?
 と、良い様に解釈しましたが、そのままズルズル後退の着外に。
 無念です。

如月スプリント

 (木)船橋競馬、9Rは、如月スプリント。
 月タイトルレースは、アドマイヤムーン産駒の出走位置に注意。
 本日、2R8枠11番に出走あり。
 9Rに当てはめると、10頭立てのため、8枠、もしくは11番、を検討。
 すると、1番が高月厩舎馬で、「月」の一致。
 そして、本日、船橋では1頭出し。
 ですが。
 名古屋にも1頭が遠征で、メイン10Rの梅見月杯、に出走予定で、そちらも1枠1番。
 ですが。
 なんと、その出走予定馬、取り消し、なんですね。
 だったら、こちらの船橋9R、余計に狙う意味がありそう。
 騎乗する吉原、直前8Rでは大外、連続数字合わせ、でもあり。
 軸1番、あとは買い方。
 3吹くフォーメ、1-(2・4・5)-、プラス、単勝、で組み立て手見ます。

(日)回顧

 (日)回顧。

 東京10Rを考える意味での先行戦である、東京5Rの3枠、よりによっての3-3、ゾロ目決着。
 これでは10Rの5枠、手が出せません、見送りました。
 
 東京11Rを考える意味での先行戦である、東京9R、1番福永・藤原英コンビ、1番人気1着。
 じゃ、東京新聞杯の1枠、狙いづらい。
 で、軸を変えて、7枠13番から軽く馬連参加、にしました。
 しかし。
 あぁ、無情・・・。
 13番は12番との2着争いで、ハナ差3着、ワイドにするべきでした。。
 1枠、2番ではなく1番のほうが、連対、1着。
 騎手乗り替え状態の1枠、前日不発だったのだから、尚の事、1枠軸、を変えてはいけませんでした。
 2番からの馬連でなく、いつも通り枠連で行けば良かった訳です。
 ただ、枠連、1枠からだと3枠5枠が相手だと低配当、妙味なし。
 それで、馬連にしちゃったのですが。
 まず、当てる事、ですからね。
 
 因みに、きさらぎ賞。
 1番と2番に関係性あり、で、人気薄1番1着。
 ちょっと残念。

 今週は的中なし。
 軽く参加だったので傷は浅いですが、リズムが悪いです。
 次週、巻き返しを。

 ところで。
 剛腕・郷原洋行・元騎手・元調教師が亡くなりました。
 券王の好きな的場均師の兄弟子。
 全盛時代は知らないんです。
 券王が競馬を始めた1989年には既に騎手会長で。
 当時のビッグレースの映像を見ると、レジェンドテイオー・郷原が先導役を務めていたな~、と。
 後追いですが、オペックホースのダービーは名勝負ですね、その背景も含め印象的なレースです。

(土)回顧と(日)競馬

 (土)回顧。

 東京10R。
 軸8枠、11番から上位3頭へワイド。
 そして、圧倒的人気1番との2頭軸3複で参加。
 9番人気ながら、惜しくも4着まで。
 
 東京11R。
 軸2枠3番は1番人気ながら、着外に。
 
 2戦2敗でしたが、10Rは人気薄過ぎて、11Rは妙味がなくて、軽く参加だったので、まだマシ、でした。

 (日)競馬。
 東京新聞杯。
 (土)11R、1番人気藤沢和厩舎馬が着外。
 (日)藤沢和厩舎、3枠6番、馬主はキャロットF。
 京都メイン、同じく3枠にキャロットF。
 小倉メイン、11番にキャロットFで、東京の6番は逆11番、の数字合わせ。
 ただ、藤沢和厩舎(土)2勝なんですね。
 他を見ると。
 11R12Rでルメールが連続9番。
 12番13番が、馬名「ウディー」の接触で、7枠は8R6枠と騎手セット。
 で、1枠。
 2番福永は、1号馬の、元?主戦騎手、1番デムーロは2号馬にも2度、騎乗あり、という関係。
 9Rの1枠が、メインと同じく福永・藤原英コンビ、そちらとの兼ね合いか。
 前日1番人気で消えたシルクR、(日)は1枠1番の方がシルクR。 
 それも、(土)大外数字合わせのシルクR馬が2着。
 また、2番藤原英厩舎、京都メインでは逆2番に出走。
 1枠で走るなら2番の方か。
 しかし、福永、昨年のこのレース、2番ゼッケンで1着、なんですよね。
 昨年との比較なら、昨年2番人気5ちゃ久野藤沢和厩舎、今年も同じ3枠・・・。
 また、戻っちゃいました。
 軸は2番、馬連と3複あたりで。

 もう1つ。
 東京10R白嶺S。
 今年はハンデ戦意変更、前走下級戦勝ち上がり馬の枠に注意、とすると、1枠3枠が該当、相手に重視。
 軸は5枠。
 9番と10番のかん形成が強いのではないか?と。
 8番9番10番が、馬名「ハー」の接触、でもあるし。
 吉田豊、9R10Rで連続9番、10R11Rで連続5枠。
 そして、この5枠は、5R3枠と騎手セット。
 5R不発なら、更なるプラス材料。

 10R>11R、で巻き返しを。
プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム