FC2ブログ

(日)回顧

 (日)回顧。

 本日も的中なし。
 ま、仕方がありませんね~。

 東京優駿。
 軸は7枠で、ゾロ目に期待。
 人気の6番は軽視したい、の姿勢でしたが、7枠は13番が3着まで。
 1番が1着ですか・・・。
 この馬主さん、今年はどこかで1発がありそうな予感はしていましたが、ここで、とは。
 6番軽視の理由ですが。
 ダービー勝利なら凱旋門賞も視野に、という事の様で、登録済みだ、と。
 今回は騎乗出来ずも、主戦は、ルメール。
 そのルメール、同じく凱旋門賞登録のブラストワンピースの手綱を、目黒記念から取る予定だ、と。
 結局、それも騎乗停止のため、ならず。
 ルメール主戦のアーモンドアイは、凱旋門賞には登録せず。
 アーモンドとブラストは、同馬主(名義)。
 その辺の関係性を考えると。
 ルメールが凱旋門賞で騎乗するのは、ブラストであり、サートゥルナーリアではない?
 ま、そんな論法で、サートゥルはダービーを遠慮して、凱旋門賞挑戦を一旦白紙に戻すだろう、と。
 ルメール、サートゥルでダービー勝って凱旋門賞、と考えるなら、ブラストの依頼は受けなかったかも?
 みたいな。
 
 京都12R、軸に、ダービー勝利馬主馬を選んでしまいました。
 じゃ、無理ってものでしょう。

 目黒記念。
 6枠軸にしましたが。
 9番岩田誠、10番藤原英、の関係が、まずあって。
 11R12Rと、6枠アドマイヤ馬名馬の連続。
 で、6枠重視にしたのですが。
 メインで圧倒的人気馬を飛ばしたレーン騎手に、ソク、汚名を返上させた、と。
 しかも、再びの日本レコードで。
 そもそも、レコード勝利のG1を含む重賞複数勝利を先にプレゼント(?)。
 クライマックスのダービーは泥を被る役でも、決して評価は落ちない訳で。
 これだけ活躍されちゃうと、同じく短期免許来日のアヴドゥル騎手が不憫に思えます。
 本日で離日の同騎手だからこそ、目黒記念で狙う手はあったな~。
 そこが1番の反省点(2着好走)。
 
 仮に、この日、ルメールが騎乗していたとして。
 両重賞で1番人気不発だった、と。
 特に、ブラスト不発だった事で、次週、同馬主馬アーモンドアイは人気でも重視せざるを得ない存在に。
 サートゥルの人気とは、根本的に違う、と感じています。
 低配当必至の安田記念、と捉えて。

 先週の浮きが霧消して、原点付近に戻ってしまいました。
 この日が開催最終日、の毎年恒例変則日程(12日目まで)、どうも慣れません。
 初日~8日目までで一旦区切りましたが、初日~12日目までに区切り直しを。
 8日目までの浮きがそのまま残る形で黒字を維持、で終了。
 次週以降の4週8日間、切り替えて臨みたいと思います。
プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム