FC2ブログ

遅れ馳せながら、川崎的中、そして、新潟2歳S

 つい、ウトウト、気づいたらこの時間(23時)・・・。

 川崎10R。
 結果を見る前に、レース映像を。
 人気薄1番が逃げて、3番が競りかける。
 以降はかなり離されて、後方2番手に軸5番。
 前2頭はつぶれそうだから、当たったかな・・・。
 直線、1番は早々と後退。
 3番粘るも、後続の脚色が良く。
 5番が抜け出した、そこへ、大外から、最後方からの的場ダンス。
 5→6→4、で決着、3複は10倍丁度、でした。
 少頭数ながら、見ごたえのある競馬、的中したからそう見えるのかも?ですが。

 話変わって、今週の競馬、新潟2歳S。
 おじじあさん、コメありがとうございます。
 あるかも知れませんね。

 因みに、ロードクエスト、昨年も関屋記念に出走で、7枠、結果は、2枠→8枠。
 昨年の新潟2歳Sは、6枠→7枠→2枠、でした。
 
 その前に、新潟2歳Sの勝ち馬が関屋記念に出走したのは、ザラストロ。
 2012年の新潟2歳Sを勝ち、2013年の関屋記念に、1枠で出走、結果は1枠→8枠。
 2013年の新潟2歳Sは、8枠→2枠→8枠、でした。
 
 いずれも、関連性がある、と言える結果に。
 同舞台、新潟芝1600、ですからね。

 で、新潟2歳Sの過去を遡ると。
 10日目、に変更された年が、第33回のゾロ目。
 その翌年以降、4年間の蓮対枠をチェック。
 
 新潟で初勝利・・・A 
 他場で初勝利・・・B
 芝1600で初勝利・・・*

 として。

 2014年
 1着 A*
 同枠 B*
 2着 B
 同枠 B*
 
 2015年
 1着 B*
 同枠 B
 2着 B
 同枠 B (ダリア賞1着)
 同枠 A*
 
 2016年
 1着 B
 同枠 B
 2着 B
 3着 A

 2017年 
 1着 B*
 同枠 B (ダリア賞出走)
 2着 B
 同枠A*

 という結果です。
 2014年に、新潟で新馬戦芝1600勝利馬が、1着。
 それ以降、新潟初勝利馬の直接蓮対、なし。
 ただし、2015年からは、毎年2着同枠に組まれています。
 また、上記では表していませんが。
 これも2014年は新馬戦勝利馬同士の決着。
 その後、3年間は、新馬戦勝利馬 VS未勝利戦勝利馬、で直接蓮対。
 2016年は、蓮対枠に芝1600勝利馬、なし、なので、マイル実績は重視されていないと考えられます。
 
 今年の登録馬、例年多頭数ですが、12頭、と少々寂しい陣容。
 新潟勝利馬は2頭で、新馬戦勝ち馬、未勝利戦勝ち馬が、1頭ずつ。
 内枠なら、新潟勝ち馬が「1頭枠」になる場合もありますね。
 そして、ダリア賞出走、ではありませんが、中京2歳S、のOP歴馬が登録。
 注意が必要かと。
 その辺を足掛りに、枠順を待ちたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム