FC2ブログ

オークス回顧

 オークスの、再回顧です。
 
 記念入場券の文字色、銀=白、2着3着に使ってくれました。
 大阪杯・桜花賞
 皐月賞
 オークス・ダービー
 という感じでJRAHPにUPされた訳です。
 大阪杯・桜花賞、は蓮対枠、
 皐月賞の、黄、は3着枠。
 そして、オークスが蓮対枠。
 規則性を鑑みれば、ダービーも蓮対枠として要注意。
 ダービー記念入場券の文字は、金=黄、です。
 余談ですが、既にブログでも触れた様に、ダービーはキャプテン翼とのコラボ企画あり。
 大空翼君の背番号は10番、これは入場券の黄色(5枠)に通じます。
 キャプテン翼関連で、他にも引っかかるものがありますが、それはここでは書きません。

 G1へッでラインで、「薔薇香る、麗しの舞台。」と。
 東京競馬場ではオークスガーデンのイベント。
 それだけお膳立てがあったにもかかわらず、オークスの薔薇の品種馬名馬、3枠8枠、ともに不発。
 JRAでは、UMAJO(馬女)、とかって、キャンペーン的な事を、ずっと展開していて。
 もしや、オークスガーデンを巡った女性ファンが、出馬表を見て、
 「これって、バラの名前だよ?ここから買ってみようよ?」
 みたいな場面も連想、それが的中馬券だったら、面白いな~、と。 
 しかし、そんな事もなく、7枠→1枠→1枠、で決着。
 ヤル気なら、絶好の舞台でしたが、やりませんでした。
 という事は、イベントのサイン(?)、なんて、今後一切気にする必要がありませんね。
 それより、希少価値の高い、「麗し」ウルワシ馬名馬の存在。
 ミメウルワシが、1/30の川崎10Rに遠征、11頭立ての6枠7番で出走。
 レース結果は2枠2番→1枠1番。
 1枠がプラス材料だろう、と。
 これ、11頭立てだから、1着の2番は、1順して13番でもあったんですね。
 それと、G1ヘッドラインで、「舞台」とあって。
 (木)の記事では、ブタイ馬名馬については調べて、結果を書きました。
 これを「ステージ」に直してのステージ馬名馬では?の展開をしていませんでした。
 ステージ馬名馬は現役に2頭で、今年の忘れな草賞に、最終出走あり。
 6枠10番スターリーステージで、結果は6枠9番→1枠1番。
 ここでも1枠が浮上していたんですね。
 過去は分かりません、今春のG1で、検証し始めたので。
 ですが、現在のところは、かなりヒントを得られている、方法です。
 ダービーも同様に、(木)、枠順発表前にサッとチェックします。
 オークスに倣うなら、G1ヘッドラインは、「すべては、この熱き日のために。」になるのでしょう。
 違った場合、無駄になるので、今から調べて待ったりはしませんが。 
 「すべて」、英語だと「オール」、オークスの5番、オールフォーラヴ、あたり引っ掛かってきますね。

 レーシングプログラムのカラーページ。
 エアグルーヴでした。
 高松宮記念からの流れを汲むのであれば、1枠5枠、が浮上。
 くどい様ですが、VMのダンスインザムードは、どうにでも取れる、グレーゾーン。
 オークスでは1枠を使ってくれて。
 ダービーでも、当然要注意。
 ですが、オークスも、結果的には結構グレーゾーン。
 G1連戦に一旦区切りの、天皇賞(春)以降は、別視点からの新傾向も、何となく継続。
 つまりは、2つの事が併用されている、とも解釈可能。
 この辺が、JRAの一筋縄ではいかないところ、これが単なる偶然でないならば。
 ダービーでは、一気に新傾向側だけにシフトして来るかも知れません。
 これに気づいているのは、券王だけだったりしてね。
 そんなマイナーな事象を、人知れずマイナーチェンジさせたりする。
 偶然ではないとしたら、JRAの遊び心は、果てがありません。
 「オレも気づいているよ」という人がいらっしゃいましたら、ご一報を。

 取り消しオークスになっちゃって。
 取り消し桜花賞と似た様な結果に。
 この辺も繰り返しですが。
 当日京都10Rの結果が3-7だった事で、認めたくない現実を、認めざるを得なくなった感じ。
 認めたくないものだな・・・、なんてネ。
 もう、最初に枠順を見た時に、枠順的には13番は軽視出来ない形でもあったし。
 唯一、オークスを除外された馬が、(土)東京9Rで7枠に入っていたし。
 ま、それはそれで受け入れるしかありません。
 ラジオで、ロードカナロアは母方の良い面を引き出した産駒が多い、と関係者談、とか。
 もともと、血統には、大して意味はないと思っていますが、そこの垣根も取っ払うのか?と。
 つまりは、血統がどうであれ、来る時は来る、という事。
 そもそもが、血統馬券術、とか、チャンチャラおかしい訳で。
 生産者が配合を考える時の血統論とは似て非なるもの。
 と、独断と偏見も交えて。
 
 結局、レース前に、取り消し戦になった意味を考えて、幾つかの想定をして。
 矢張り、オーソドックスなら、イレギュラー戦勝ち馬が、イレギュラー戦で馬券に絡む、と。
 アーモンドアイが人気薄なら問題なく相手に重視できましたが、圧倒的人気でしたからね。
 その他に、ルールの変更、もあるのかも?と。
 今年、優先出走権枠が減らされたフローラS、です。
 枠が減らされた、という事は、重要度が下がった、と解釈可能。
 来年以降はいざ知らず、初年度ですからね。
 券王的には軽視のフローラS蓮対組が復権する?
 結果は杞憂でした。
 しかし、ありがたい事に、フローラS勝ち馬8番サトノが、3番人気に推されてくれました。
 券王軸の1番は、4番人気。
 馬連、8-13で5.4倍程度。
 1-13の的中配当は、11.9倍。
 仮に8番が人気を集めていなかったら、1-13で10倍以上もつく、なんて事はなかった訳で。
 TV中継でも、サトノを軸に推す人が多くて、ね。
 13番には、重視せざるを得ない理由がありました。
 8番軸の理由は、一体何なの?強いから、以外で。
 
 前夜版で書いた、系列馬番共通項、の話。
 1番9番17番、の3頭共通項、非常に強力で。
 1枠、と思っても、1番軸の、それが決め手でした。
 結果的に、最善の選択になったと思います。
 1番から、13番へ。
 13番から、1番へ。
 同じ的中でも、意味合いが大きく違います。
 1点勝負、というのなら、その限りではありません。
 
 長々と・・・。
 これだけ、オークスの事を書いておいて、主力は新潟11Rの方でしたからね。
 馬連、万馬券にして欲しかったな~。
 G1は読む要素が多くて、推理の面白さがあるのは確かです。
 次週、競馬の祭典、ダービー、東京優駿。
 別に、ダービーを取らなくても良い訳ですが、どこかで的中馬券を掴んで、プラスを上乗せ出来れば、と。
 今開催は12日目まで、次週が最終週なんですね。
 先週も、最終週、と勘違いして、浮きの殆どを投入して、結果的に成功。
 さて、と思ったら、まだ開催続くよ、みたいな。
スポンサーサイト



プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム