FC2ブログ

安田記念の出走馬確定

 先週。
 矢作厩舎が3頭出しで挑みたいが、モズアスコットは、19頭登録中の出走順位19番目だ、と。
 だから、(日)メインのOP特別を1着して賞金を加算した上で連闘を視野に。
 そんな話だったハズです。
 結局、モズアスコットは2着止まりで賞金加算出来ませんでした。
 ところが、蓋を開けてみれば、3頭が回避。
 モズアスコット、無事出走可能に。
 ですが。
 回避した3頭が、揃って藤沢和厩舎馬。
 藤沢和厩舎は、1頭だけ出走、なので、やろうと思えば4頭出しも可能だったのか。
 これ、ちょっと「妙」に思えます。
 
 安田記念、マイラーズCと京王杯SCの勝ち馬に優先出走権。
 京王杯SC勝ち馬は、件の藤沢和厩舎馬で、回避。
 優先出走権馬は、1頭のみが出走、サングレーザー。
 過去を調べると。
 2014年、2015年と、優先出走権は特に機能せず。
 所持馬の枠は蓮対していません。
 特に、2015年は2頭出走で同居枠、しかし否定。
 2016年が、第66回、そこで優先出走権馬サトノアラジンの同枠馬が2着に。
 翌2017年、新装レースでも、優先出走権馬イスラボニータの同枠馬が1着に。
 その要素が引き継がれた形。
 なので、今年、サングレーザーの枠に注意。
 サングレーザーは浅見厩舎、同厩舎は、天皇賞(春)を勝利。
 自分で勝ちには来ないと思えるので、同枠馬を重視。
 2017年の勝ち馬はサトノアラジンで、前年優先出走権獲得馬。
 今年も、前年の優先出走権獲得馬が出走で、レッドファルクス。
 サングとレッドが同居の場合は更なるプラス材料か。

 ヘッドラインの記事で浮上の枠にサングが入って、相手にスワーヴリチャード。
 そんな図式を、まず、想定していますが、どうなりますかね?
スポンサーサイト



プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム