FC2ブログ

皐月賞へ向けて

 取り消し戦桜花賞でした。
 7枠なら、13番ではなく14番では?と思っていたのが、崩れて。
 実のところ、どうだったの?と。
 13番優勝のために、折込み済みの取り消しだったのかも知れません。
 7枠もプラス材料は感じましたけど。
 釈然としない感じは残りますね。
 
 大阪杯と桜花賞をセットに、イベント告知があって。
 先週の時点で触れました。
 ↓ これです。

 無題w

 記念入場券と同じデザイン。

無題e

無題r

 大阪杯が、赤文字 →3枠2着。
 なので、桜花賞が白文字だから、1枠注意だ、と。
 実際に、白帽の1枠、2着でした。
 キャッチコピーが添えられていて。
 大阪杯 百戦錬磨、で、「百」がハンドレッド、赤に通じたのでは?と。
 桜花賞、染まる、で、「染が九、9番に通じるのでは?と。
 これも実際に、9番が3着ながら馬券には絡みました。
 その辺もブログに書いてます。

 で、皐月賞です。
 大阪杯、桜花賞、の様に、阪神競馬場G1、としてのセット扱いでは当然ありません。
 しかし、無関係でもないのかも?
 フェブラリーSや高松宮記念の記念入場券がどんなものだったか、不明で。
 もしかしたら、むしろ、そちらとの比較で導き出せるものが?
 ともあれ。
 皐月賞の記念入場券は、↓。

無題q

 キャッチコピーは、なし。
 デザイン的にも、大阪杯、桜花賞、とは異なっています。
 一応、文字色の「黄」、5枠に注意しておきましょうかね。

 今週、(土)、阪神7Rに「サツキ」馬名馬の出走あり。
 あ~、出て来ているな、と。
 で、調べてみました。
 皐月賞と、直近のサツキ馬名馬の関係。

 2017年。
 皐月賞当日に、サツキ馬名馬が中山3Rに出走。
 8枠でした。
 レース結果は8枠→6枠。
 皐月賞は6枠→4枠、で決着。

 2016年。
 この年も、皐月賞当日にサツキ馬名馬の出走あり、で、福島2R。
 4枠でした。
 レース結果は8枠→7枠。
 皐月賞は8枠→2枠、で決着。

 いずれも、サツキ馬名馬出走レースの枠連結果が、皐月賞へ流れています。
 2015年、と行きたいところですが、しばらくサツキ馬名馬の存在なく。
 遡る事、数年。
 
 2011年。
 4/9の小倉3Rに、「サッキー」馬名馬出走あり。
 4枠でした。
 結果は2枠→1枠。
 4/24の皐月賞は、6枠→2枠、で決着。
 蓮対枠は使われていました。
 
 その前は、2008年に直近出走がありますが、無関係の結果に終っています。
 なので、連続3回。
 
 デイジー賞は今年も続いて6連続。
 そちらは、デイジー馬名馬出走枠の使用。
 どうも、出走枠を使用するレースと、レース結果を使用する場合と、傾向が分かれる様です。
 ブログでは触れませんでしたが、先日のコーラルS。
 外して、結構悔しがったレースです。
 あの時も、実は直近のコーラル馬名馬について調べていました。
 過去3回連続で、直近コーラル馬名馬出走レースの枠連結果が、コーラルSに反映。
 今年の場合は枠連2-6、が該当。
 だから、重ハンデ馬重視で、6枠8枠に該当馬あり、だったので、重なる6枠を軸にするべきでした。
 にもかかわらず、8枠の方を軸にしたところ、6枠モーニン1着だった、と。
 この分野(?)、経験が浅く、ちょっと信じられなかった部分もあったりして。
 そんな訳で。
 手放しで、という事ではなく、枠順の検討も必要ですが、今年の皐月賞では参考に。
 (土)阪神7R、サツキユニヴァースは8枠で出走、3枠→1枠で決着。
 入場券の5枠とは別に、3枠1枠が浮上しています。
 モロ、1-5、とか、3-5、で決まっちゃったりして。

 若葉Sで負けたタイムフライヤーですが、今でも重視、の気持ちに変わりはありません。
 もちろん、盲目的に軸、ではなくて、前日当日の枠順や結果を考慮します。

 と、書いてきましたが、現時点での次週の狙いは、皐月賞ではなくアンタレスSです。
スポンサーサイト



プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム