FC2ブログ

(日)回顧

 (日)回顧。

 中京12Rは飛び込み自殺になっちゃいました。

 順番に。

 函館10R檜山特別。
 重視したかった、前走500万条件函館ダ1700勝ち馬がの出走なし、で。
 函館ダ1700勝ち馬を重視して8番軸にしたのですが、不発。
 1着馬5番は、前走500万条件戦勝ち上がり馬。
 それは8番も同様でしたが。
 それこそが、重視するべきポイントだった様です。
 8番は手塚厩舎だし、納得するしかありません。
 で、このレース1番人気3番ルメール、2番人気8番岩田、揃って不発。
 これを受けての、函館11R巴賞、同じく1番人気2番人気の両騎手での決着です。
 流れが出来ていましたね。

 チョイ脱線。
 福島10Rさくらんぼ特別。
 当初から、重賞出走3歳馬に注目。
 登録段階から1頭のみ、13番で、枠順的にも悪くないし。
 と、そこで、さくらんぼ特別がサブタイトルあり、な事に気付いた訳です。
 これにより軸は15番に変更したんです。
 車中でTV観戦でしたが、13番が逃げ切りで、2着に2番と15番が際どくて。
 1着3着かよ~・・・、と思いましたが、15番がハナ差で2着。
 結果的には、13番からでも15番からでも的中馬券を掴めた事になります。
 馬連61.7倍、ワイドは20.1倍と5.5倍、的中でした。
 いずれも資金配分で、13番へのワイドはやや多目に入れていたので、良い結果でした。
IMGP4474.jpg

 函館巴賞は不参加でしたが、考え方に関しては先述で。
 
 CBC賞。
 春季1600万条件戦勝ち馬の枠 VS 1200重賞実績馬の枠
 の図式になるのかな、と考えて。
 8枠軸で、相手に2枠、を中心に組み立てたのですが。
 8枠不発、2枠は人気薄の方が3着まで。
 春季1600万条件勝ち馬の4枠同枠馬が勝ち、1200重賞2着歴のある7枠同枠馬が2着だ、と。
 構造的には納得なんですが、イレギュラー系のワンツー。
 シャイニングレイに、何かの役割を課した(課している)という事なのか。
 ちょっと分かりません。
 それにしても。
 (土)3場メインも、(日)函館10Rに福島10Rも、いずれも「スイッチが入った」決着。
 何故、CBC賞のトーセンにはスイッチが入らなかったのか。
 結局、そこが分からないまま、幾星霜・・・。

 ラジオNIKKEI賞。
 本当にストレスの溜まる不的中。
 石川騎手が1Rの人気薄馬でまさかの1着、ではありましたが。
 勝ち馬11番には、券王的に、かなりのプラス材料があったのは事実です。
 ここしばらく書いてきて、馬券参加する、しない、に関わらず、結果の出ている騎手3連続パターン。
 その流れが出来ているのだから、11番を軸にするべきでした。
 3着1番にしても、先週(日)東京メイン、ロード馬名馬が大外、上位人気で不発。
 今回ロード馬名馬最内だった訳だから、出し抜けではなかった事になります。
 第66回だから、イレギュラー馬を。
 もちろん、それはそれで良し、で。
 さくらんぼ特別にしても、イレギュラー馬から的中馬券につながりました。
 だから一貫性が必要だろう、と思ってはいます。
 しかし、ライジングリーズン、イレギュラー馬である、プラスアルファがなかった、と。
 セダを軸にライジング本線、の転換が出来ませんでした。
 サトノが危険なのは分かっている訳だから、是非とも的中させたかったのですがね・・・。
 不的中の腹いせに、書きますよ。
 サトノが危険だ、と感じられない人は、厳しいですね、いや、ありがたいですね。
 テレビで、井崎先生が、福島は平坦コースだから云々、と、今日、発言されてました。
 ところが、福島競馬場は、最後の直線(ゴールやや手前まで)が緩やかな上り坂、なんですね。
 「競馬」的に考えたとして。
 サトノは平坦コース京都では2勝、重賞2着。
 しかし、急坂の阪神中山では取りこぼしています。
 たまに、ここでも書きますけどね。
 サトノに重いシルシをうつ評論家や記者、実はそこを外して勝負してるんじゃないのか?と。
 
 と、いうところで。
 (日)もやや負け。
 もう1つ的中があればプラスになったのですが、残念。
 
 来週も、第22回重賞あり。
 そこも含めて、しっかり狙えるレースがあれば良いのですが。
スポンサーサイト



プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム