今週の競馬

 大阪杯の大敗は忘れて、今週の競馬。

 桜花賞については、過去記事で考察を。
 それは置くとして。

 NZLトロフィーについて。
 今年の3歳重賞は、かなり「目」を揃えてきていること、何度か書いています。

 皐月賞トライアルは、8枠1着7枠2着。
 弥生賞 8枠→7枠
 若葉S 8枠→7枠
 スプリングS 8枠→7枠 

 桜花賞トライアルは、7枠が連対。
 チューリップ賞 7枠→6枠
 アネモネS 7枠→3枠
 フィリーズレビュー 8枠→7枠

 牝馬G3非トライアルは、8枠が1着。
 フェアりーS 8枠→2枠 
 クイーンC 8枠→6枠
 フラワーC 8枠→5枠

 牡牝混合芝1800G3は、1枠が連対。
 きさらぎ賞 7枠→1枠
 共同通信杯 1枠→7枠
 毎日杯 3枠→1枠

 そこで、この区分けでどうか?と。
 牡牝混合マイル重賞は、
 シンザン記念 5枠→8枠
 アーリントンC 6枠→8枠
 で、8枠が馬券になっています。
 この事から、8枠要注意の、NZLトロフィー、と思います。
 7枠→8枠、なら、キレイですね。

 NZLトロフィー、一昨年が、第33回ゾロ目。
 それを、ひとまず無視して、過去3年間の連対枠を検証。
 ポイントになりそうなのは、4つ。
 
 A・・・中山芝マイルOPクラスで連対
 B・・・初勝利→500万条件連勝
 C・・・前走500万条件勝利
 D・・・芝マイルの500万条件戦1着
 
 2014年。
 1着 A(朝日杯FS2着)
 同枠 B D
 2着 B
 同枠 C

 2015年。(←第33回)
 1着
 同枠 A(ジュニアC1着)
 2着 B C D
 同枠 

 2016年。
 1着 A(ジュニアC1着)
 同枠 B
 2着 
 同枠 C D

 という結果。
 2014年の1着馬は、前年朝日杯FSの2着馬。
 この年を境に、朝日杯は阪神に移設、翌年(同年度)、NZLトロフィーは第33回ゾロ目を迎えた、と。
 非常に上手いタイミング、に思えます。
 朝日杯が移設された後、中山マイルのOP戦は、ジュニアC、アネモネSの2レース。
 今年もジュニアC連対馬が登録しています。
 ナイトバナレット→A、ディバインコード→ABD。
 この2頭が、一応の軸候補。
 8枠を念頭に置きつつ。
 連対両枠で、残りのBCDが揃う様な組み合わせを重視で。
スポンサーサイト
プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム