FC2ブログ

一足早い、大阪杯・考

 前項で、タイトルに「桜花賞」と入れたら、平日なのに訪問者増。
 「皐月賞」の時よりも多いですね~w
 皆さん、本当にG1が好きなんですね。
 で、今回は「大阪杯」。

 大阪杯は、今年からG1に昇格。
 券王、昇格レースは、上級戦実績馬を重視がセオリー、と、何度も書いてます。
 そもそものキッカケは、G1に昇格した時のスプリンターズS。
 春から暮れに移設して、G1に。
 その年から3年間、マイルG1勝ち歴のある馬が優勝。
 後に、いろいろと調べる中で、その事実に気がついたんです。
 当時は、やっと短距離体系が整備され始めた頃で、実績あるスプリンター、なんていない訳です。
 しかし、G1化しても、勝つのがそれまでと変わらないようなメンバーだったら、G1とは何ぞや?と。
 だから、マイルG1馬を起用して、「格付け」をしたのではないか?と、行き当たりました。

 昇格戦、という観点で、重賞結果を確認すると。
 
 同じくスプリント戦で、芝2000のG2→芝1200のG1に昇格の高松宮杯。
 その初年度は、ステップレース1着のフラワーパークが本番も1着。
 2着が、スプリンターズS2着歴のあるビコーペガサス。
 スプリンターズS1着のヒシアケボノも出走していましたが3着。
 これは、その時点での同距離G1連勝を避けさせたかったのだろう、と解釈出来ます。
 フラワーパークが、高松宮杯→スプリンターズS、と連覇する事になる訳です。
 
 フェブラリーSは、フェブラリーハンデG3から名称変更して、G2昇格。
 その初年度。
 当初は唯一のダート重賞だったものが、徐々にダート路線も整備され始めている状況。
 G2化初年度の、1着枠には、特別見るべきものはありません。
 おそらく、第11回、のゾロ目施行開催だったからでしょう。
 しかし、2着枠に注目すると。
 2着は、当時は11月に施行の根岸S1着プロストライン。
 同枠が、芝G2で1着、芝G1で2着のビッグファイト。
 当然、ダート重賞上級戦実績馬、なんて存在しないのだから、芝実績馬の枠を起用した、と。
 そして、フェブラリーSは、3年後にG1に昇格。
 その初年度。
 1着馬は、前年新設第1回ユニコーンS1着→地方G1級のSDD(ス-パーダートダービー)2着のシンコウウインディ。
 同枠が、その第1回ユニコーンSで1着→10着降着だったバトルライン。
 2着には、矢張り新設ステップレース第1回ガーネットS1着のストーンステッパー。
 券王、ストーンステッパー軸で馬券は的中しましたが、今ならシンコウ・バトル同居の異様さで、そちらを軸にするでしょうね。

 昇格戦、を調べる中で。
 フェブラリーSを、第1回重賞勝ち馬がワンツーだった事も含め。
 第1回、の重賞勝ち馬にはかなり重要な役割が与えられてきたんだ、と、気付きました。
 最近で思いつく第1回重賞は?
 例えばターコイズSの第1回、勝ったシングウィズジョイは、翌年VMに出走せず、女王杯で2着。
 京都2歳S、1着馬はその後活躍せずも、2着ダノンメジャーは、直後の昇格G2ホープフルS1着同枠。
 1着馬不発や、直接連対せず、は、おそらく京都2歳Sが8頭立てのイレギュラー戦だったから、と解釈できます。
 レパードS1着のトランセンドにしても、翌年、フェブラリーSには出走せず、JCDを1着。
 その辺にしておきますが、どこかの上級戦で役割を果たすケースが、たくさんあります。
 もうちょっと、こっち方面にしっかり取り組んでいればな~、と。
 そうすれば、女王杯、シングウィズジョイを軸に出来たかも知れません。

 昇格戦の話に戻って。
 
 先に触れた、G3昇格第1回京都2歳S。
 イレギュラー戦のせいか、実績馬の出走なし。
 しかし、2着馬は出走馬中、唯一、OP特別勝利あり。
 
 続く昇格G2ホープフルS、G3で2着した馬が2頭出走で、ダノンメジャー同枠が1着は前述の通り。
 もう1頭の重賞連対馬は、札幌2歳S2着で、どちらがステップとして上位と考えられるかは言わずもがな。

 これも先に触れた、ターコイズSの重賞か初年度は、G2勝ちのあるシングウィズジョイが1着。

 あと、近年昇格したレース、あったかな~?

 府中牝馬S、G2格上げ初年度の2着馬は、G2を1着、G1でも2着のあったアニメイトバイオ。

 ステイヤーズS、G2化初年度は、G2で2着のあったメジロブライトが1着。

 札幌記念のG2化初年度は、G1馬エアグルーヴが1着。

 ま、そんな感じなんですね。
 で、大阪杯。
 G1連対級、もしくはG2勝利、の馬を重視するべきで。
 だから、ディーマジェスティやマカヒキの出走は?と考えたんですね。
 ネットで、次走情報を調べたら。
 マカヒキは大阪杯出走予定の模様。
 ディーは、日経賞か大阪杯、という事らしいですが、日経賞出走、みたいですね。
 そして、キタサンブラック、サトノクラウン、がG1馬ですね。
 一応、今のところ、マカヒキが1番手かな?と、思っています。
 ただ、候補が多く、人気馬ばかりなので、勝負するレースではないかも・・・。
スポンサーサイト



プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム