FC2ブログ

(土)回顧と(日)競馬

 (土)回顧。

 阪神10R姫路特別。
 4枠からの枠連、そして、8番からの馬連少々。
 レース、帰宅途中の車中で見ました。
 スタートから、4枠7番、好位につけ、8番はやや離れたインをキープ。
 8番は、結構、道中から手が動いて、追走が大変そう。
 これは来るなら7番の方みたいだな~、の感じ。
 直線向いて、外目から内目へ切れ込む様に7番が伸び、それを目標に、9番が追いすがる。
 ゴール前ではクビ差交わされての9→7。 
 枠連4-5は、23.8倍、的中。
 馬連は外しましたが、先週の不完全燃焼を払拭して、スッキリ的中。
 枠的にも人気なく妙味たっぷり。
 これで(土)の勝ちは確定。
IMGP3214.jpg

 中京11R金鯱賞。
 これも、引き続き、車中でTV観戦。
 軸7番は中団からの競馬。
 直線、内から外へ持ち出して、前を捉えるか、というところから、なかなか伸びない。
 そのうち、外から相手筆頭だった13番が良い脚で先頭へ。
 2番手に人気薄3番が粘っていたので、3複万馬券だ、と思いましたが。
 内をすくった5番が7番と並ぶ形で、そのままゴール。
 スローで見る限り、7番が残った様に思えましたが、クビの上げ下げで、5番の方が下げた状態。
 失敗したか・・・。
 軸は、2頭揃った8枠にするべきだった。
 矢張り大阪杯出走馬も大きなポイントだったんだ。
 とか、反省しつつ、7番、残してくれ~、と。
 長い写真判定の末、3着は同着。
 いや~、ヒヤヒヤ、ヤキモキしました。
 券王の馬券は、単勝と馬連はハズレ。
 ワイドの7-13が、4.3倍。
 3複2頭軸流しが、60.5倍、的中でした。
 単独3着なら3複万馬券でしたがね~。
 同着の3着馬から買っていて、そんな言い草もありませんが・・・。
IMGP3215.jpg

 これで、今週の勝ちは確定的。
 いや、(日)無理しないので、確定、ですね。

 (日)競馬。
 
 チャンピオンズC。
 昨年は、急遽サンビスタも軸に追加して、複、馬連、ワイド、大的中。
 券王の、携帯待ち受けは、未だにサンビスタの画像です。
 それはさておき。
 
 両グランプリは、直前グランプリの連対枠に配されていた馬の枠を重視。(分かりにくい表現かも)

 これは、ブログでも何度も書いた事です。
 チャンピオンズC、まだ2回しか実施されていませんが、過去を振り返ると、応用の様な。

 2014
 フェブラリーS
 1着 コパノリッキー 同枠 ダノンカモン
 2着 ホッコータルマエ 同枠 シルクフォーチュン
 チャンピオンズC
 1着 ホッコータルマエ 

 2015
 フェブラリーS
 1着 コパノリッキー 同枠 シルクフォーチュン
 2着 インカンテーション 同枠 ワンダーアキュート
 チャンピオンズC
 1着 サンビスタ 同枠 ワンダーアキュート
 2着 ノンコノユメ 同枠 サウンドトゥルー
 
 当年フェブラリーS連対枠に配された馬が、チャンピオンズCの連対枠を作るのでは?と。
 一応、1着枠候補として。
 で、今年。

 2016
 フェブラリーS
 1着 モーニン 同枠 ダガノトネール
 2着 ノンコノユメ 同枠 コーリンベリー
 
 タガノが不出走になり、モーニンとノンコノユメが出走。
 2頭の枠のどちらかが馬券になるハズ。
 
 最初に、モーニンの8枠について。
 14番アポロ・15番戸崎、の同居ですが、6R8枠と騎手・馬主セットの、券王スペシャルになっています。
 6Rの8枠は人気枠なので、おそらく馬券になるのではないか、と。
 もし、不発なら、11R8枠の評価は上げるべき。
 そして、15番石坂厩舎に対して12番が平田厩舎の同門。
 この2人、というか、2つの厩舎、武蔵野Sも揃って遠征で、その時は平田厩舎馬が2着でした。
 
 という事で、狙い目がなくもないのですが。
 2014年のホッコータルマエ、2015年のサンビスタ、共通事項を探ると。
 フェブラリーS以降、地方G1に出走して、連対。
 もしかしたら、フェブラリーS以降ではなくて、前年チャンピオンズC以降、という事かも知れません。
 ともあれ、この点が、8枠には足りません。
 15番自体、除外戦→サブタイトル記念戦→ゾロ目開催戦、と勝って来た、イレギュラー馬なので、疑問。
  
 そして、5枠。
 昨年チャンピオンズCの2着沸くの2頭が、再度同居しているんですね。
 ここは、フェブラリーS連対枠馬、プラス、地方G1連対、と、券王の考える条件を満たした枠。
 8番大野騎手・9番加藤征厩舎、12Rでは、同騎手が同厩舎馬に騎乗。(前走もそのコンビで1着)
 それでなくとも、高木師は加藤征厩舎での調教助手時代が3年ほど、あり。
 だから、関係性のある枠。
 また、2頭しかいないセン馬が同居しているのも異様。
 (土)ステイヤーズSでは、3頭しかいないセン馬が、同じく5枠に2頭同居して、2着に。
 そことの兼ね合いもありますが、(土)2着なら、(日)1着、と、良い方に解釈。
 軸は5枠にします。
 現在の単勝オッズ、9番が約8倍、7番が約14倍。
 まず、これを買いつつ。
 1番人気の2番武豊、(土)金鯱賞でも2番で不発だったので、軽視は出来ません。
 5枠からの枠連でも資金配分すれば、的中時回収率200%は超えるので、まあ、良いのですが。
 枠順的に、8番と9番遜色ない感じなので、枠連以外に8番の方からも少々、としてみます。

 もう1つ、阪神11RタンザナイトS。
 こちらも、今年で3回目のレース、過去条件変更なし。
 過去を振り返ると、等距離重賞スワンS経由馬の枠が馬券に。
 今年は2枠2番、4枠6番、5枠8番、が該当。
 更に過去を見比べると、春季以降、1600万条件を勝ってのOP入りを果たした馬を重視で良い様です。
 すると、両方を満たすのは5枠8番だけ。
 素直に軸が正解かも知れませんが、ここを相手筆頭にします。
 軸は、8枠。
 押しのある、良い枠に思えます。
 右肩上がりの枠だし。
 チャンピオンズCで、軸候補から外した8枠石坂厩舎、ですが、こちらの8枠13番が、石坂厩舎。
 一応、13番上位ですが、同枠が、タガノ馬名馬なので、もしや?
 枠連5-8を買いつつ、馬連は13番から8番本線で。
 
 (日)も2本立てで。
スポンサーサイト



プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム