FC2ブログ

(日)回顧

 今週は、バタバタしちゃって。
 それでも無理やり競馬場へ行ったので、夜、回顧記事が書けませんでした。
 
 先に、(日)の回顧を。
 (土)解雇は次項で。

 (日)も朝から競馬場へ。
 パドック、オッズ板の下の低位置に陣取る。

 1R。
 良く見える馬が、しょっぱなから登場。
 14番アオテンで、人気も中位で、買い易い馬。
 そして、6番と12番も悪くない感じでした。
 2倍が見えているので、まず、複、そして、ワイドを2点、としました。
 6→14→2→12、と入って。
 もう少しでワイド2点的中だったのですが。
 複2.4倍、ワイド4.5倍、幸先良い的中。

 2R。
 ポイントは2つ。
 柴田大は、1番ゼッケンで3回騎乗。
 嘉藤・田辺の同居枠が3回。
 で、柴田大が2番人気、田辺が1番人気。
 パドックで見る限り、柴田大の1番は悪くない、という事で、こちらが軸。
 1番が1着で、単勝だけ的中、3.2倍でした。

IMGP3070.jpg

 3R。
 パドックで強調できるのは人気の13番、そして、6番。
 6番の3枠は木幡巧・柴田大の同居で、この日2つ。
 で、13番の単勝と、枠連3-7だけ買って見ましたが・・・。
 3枠5番が1着、13番は3着まで。
 
 4R。
 パドックで強調出来る馬は、なし。
 藤田騎手が、2R3R4Rと、3連続で4番ゼッケン。
 相手に、3枠。
 5番が1番人気でしたが、福永・石川の同居枠はこの日、2つあり、信用出来そう。
 結果は5番1着、4番は着外。

 5Rは新馬戦。
 前項で書いた、津村・吉田の、追いかけたい5枠、1発目。
 その、5枠8番が悪くない感じ。
 圧倒的1番人気の6番、パドックでは盛んに舌をベロリベロリ。
 これ、危険な兆候。
 能力で上位に来るかも知れませんが、走る気にはなっていないケース多し。
 つけ入る隙、逆転の可能性あり、と思いました。
 単勝8番、ワイドは人気馬へ2点、後は薄め突入に期待しつつの馬連流し。
 結果は、逆転ならずの6→8→1。
 ワイド4.0倍、馬連8.6倍の的中。
 結果的にはもったいない的中になってしまいました。
IMGP3071.jpg

 6Rも新馬戦ですが、パドックではドングリの背比べ。
 考えた末に、買える馬がいないので、見送り。
 1着2番は良いとして。
 2着の3枠は、さっき馬券になった。嘉藤・田辺の同居枠。
 再度使うケースもありますが、軸として強くは買えませんね・・・。
 因みに、1番人気10番は3着まで。
 これ、直前5Rでも番人気1着の池江厩舎でした。
 軽視が当然でした。
 
 7R。
 パドックで強調出来る馬は、なし。
 2枠が、この日2回目の江田・木幡巧の同居枠、前のレースでは不発だったので軸に。
 しかし、ハズレ。
 1着は、既に使われた、石川・福永の枠で、もう一丁、でした。

 8R。
 14番が、前日のうちに出走取り消し。
 ここでのポイントは、1枠が、3度目の嘉藤・田辺同居枠で、既に2度とも馬券に。
 11番武士沢は、6R7R8Rと、3連続で11番も、最低人気で、狙えない。
 7番戸田、15番尾関、の、最近活発な同門関係に注目して。
 軸は15番。
 パドックでは悪くない感じでした。
 相手に、馬連3点。
 
 この馬券を買って、次の9R賀正頭数のため見送りとして。
 とにかく(金)~(土)夜まで、競馬以外ではバタバタして、寝不足。
 ベンチにて、昼寝をする事に。
 
 10Rのパドック周回直前に起きて。
 8Rの結果を確認すると、15→8で、単勝4.0倍、馬連6.7倍が的中でした。
IMGP3072.jpg
 
 10Rは青梅特別。
 書きませんでしたが、過去を遡ると、東京ダート1600勝ちのある、降級馬が狙い目。
 該当するのは、圧倒的人気の16番ゴールデンバローズ。
 これは堅軸として。
 パドックでは9番が良く見え、次いで、11番が悪くない感じ。
 素直に2点買えばよかったのですが、9番に絞って。
 複と、馬連ワイド16番へ。
 9番、ドン尻負け。
 3→16→11と決着。
 
 11RユニコーンS。
 10Rで、圧倒的1番人気ゴールデンバローズが2着止まりで、川田が騎乗。
 11Rでは、
 12番 川田
 13番 ストロングバローズ ルメール
 14番 加藤征
 となっています。
 川田とバローズ(堀厩舎)の関係、そして、ルメールは加藤征厩舎馬に、頻繁に騎乗。
 さらに、10Rと11R、ルメールとベリーの同居枠で、10Rは不発。
 軸はどう考えても13番、しかし、複1.1倍の、低配当ムードレース。
 買いようがありません。
 13番の単勝だけ買いましたが、直線の叩き合いの末、力尽きて2着まで。

 戻って。
 阪神10R、ダメ元で、前走で書いた4枠から。
 4枠馬は逃げて、楽しみはありましたが、直線ズブズブ。

 函館11R、函館SS。
 軸9番は先行して粘る。
 写真判定でしたが、人気薄16番が抜け出していたので、やった、ワイド持ってるぞ。
 しかし、9番は1番に差され、4着まで。
 イレギュラー馬ではないにせよ、16番を軸には出来ません。

 で、12R。
 東京5Rの5枠不発なら、12Rの5枠は勝負、と。
 しかし、5Rで5枠は馬券に。
 この日は、結局、チョロ買いばかりで終わっちゃいました。
 だから、と言うべきか。
 
 函館12R北斗特別。
 函館勝ち歴のある2枠4枠7枠の中で、4枠かな?と。
 ただ、人気枠だし、ここまで、マイナスだし。
 で、枠順を見直すと。
 7枠の、黛・三浦同居枠はこの日、2つで、先の8Rでは不発。
 ここは、7枠、あるかも・・・?
 相手に、人気の3枠4枠は厚めに、あと抑え。
 すると、7枠三浦が、スタコラサッサの逃げ切り。
 2着に3枠で、4枠は3着まで。
 単勝順で、4番人気→2番人気、で決着の枠連は、なんと、つき過ぎの35倍!
 IMGP3073.jpg

 それを受けての、東京12R。
 実際には、パドックを見ている時に、函館12Rが発走だったのですが。
 東京12R、目に付く馬はなし。
 5枠、もう一丁?も考えたのですが(買うとしたら、金額は下げて)。
 馬が良く見えない。
 10番 吉田豊
 11番 戸田
 の関係から、10番を、とも思っていた訳で。
 10番ではないなら11番か?と。
 しかし、結果は3枠→5枠→5枠、の決着で、あ~あ・・・。

 負けはしなかったけどね、という結果でした。
 同一騎手同居枠、この日は複数使うケースもいくつもあって。
 その辺の見極めは、ある意味、永遠の課題です。

 (土)回顧は、次項で。
 
 
 
スポンサーサイト



プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム