FC2ブログ

セントライト記念と凱旋門賞前哨戦

 セントライト記念。
 前項で書いた2つの理由から、2枠3番ユールシンギングが軸。
 ここから馬連7点流しにしました。

 ラジオで実況を聴いていて。
 直前、阪神のメイン仲秋Sの結果を知り、あわてて3番からのワイドを買い足し。
 阪神、(日)(火)では、菱田騎手が両日7枠。
 その7枠が、仲秋Sで3着だったんです。
 セントライト記念でも3着かよ?と。
 それは杞憂でした。
 3番がよく差して来て、先に抜け出した8番をハナ差とらえて優勝。
 馬連3-8で2720円。
 ワイド3-8で930円、3-9で1090円。
917.jpg
 3日間開催、(土)(日)はサッパリでしたが、最終日はこれだけ買って的中。
 2日分の負けを、かなり取り返しました。
 開催トータルもまだまだ黒字です。

 さて。
 凱旋門賞の前哨戦が行われましたね。
 オルフェーヴルとキズナが、フランスG2のフォワ賞とニエル賞にそれぞれ出走。
 それぞれが帯同馬を伴っての渡仏だった訳です。
 結果、2頭ともがG2勝利。
 本番へ弾みをつける格好となりました。
 喜ばしい事です。
 
 それはそれとして。
 オルフェの帯同馬は同厩舎のブラーニーストーンで、藤岡佑騎手騎乗でG3の1000m戦に出走。
 フォワ賞とニエル賞はセン馬出走不可。
 ブラーニーはセン馬、そして距離、2つの理由があったと思いますが・・・。
 キズナの帯同馬はステラウインド、同系馬主馬で尾関厩舎所属。
 不思議な事に。
 ステラウインドはキズナと同じく武豊が騎乗して、オルフェと同じフォワ賞の方に出走。
 逃げて5着だったんです。
 外国風に言えば、オルフェの「ラビット」であるかの如く。
 そして、ステラの尾関師の談話が、以下、JRAのHPから引用。

【尾関 知人調教師のコメント】
「日本で走った時と同じように前方のポジションでレースをしようと武 豊騎手と話していました。休み明けでしかも初めての海外のコースですので、逃げるのは精神的にタフだったと思いますが、最後まで本当によく頑張ってくれました。一番の役割はキズナのサポートですので、キズナが勝ってくれたことにホッとしています。 」

 キズナのサポートに行ったはずが、オルフェの援護に回った?みたいな。
 物凄い違和感を感じます。
 
 券王、この事から、オルフェ陣営はキズナ陣営に借りを作ったんじゃないか?と推測。
 オルフェは間隔も開いたし、肺出血のトラブルもあったし。
 順調さを欠いたのは事実。
 ま、池江師は、昨年より状態が良い、とか言ってますが。
 だから、前哨戦で「格好をつける」ために、ステラウインド武豊の力を借りたのではないか?
 方や、キズナは、英ダービー馬以下に接戦ながら自力勝利。
 以上の事から。
 「日本競馬」的に考えるなら、基本はキズナが。
 アクシデントが発生、または絶好のチャンスが訪れた場合、オルフェが。
 そんな風に考えています。
 
 どうなりますか。

 
スポンサーサイト



テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム