FC2ブログ

いろいろ

 まず、今日の大井・回顧から。
 11R、今日はテレビ観戦。
 スタート直後、6枠10番が躓き、杉村騎手が落馬。
 前方に1回転するようにビタンと馬場に叩きつけられてしまいました。
 券王、思わず「あっ」と声が出ました。
 しかし、実況アナは冷静そのもので。
 実に淡々と10番落馬を伝えていました。
 騎手は無事だったのでしょうか?
 レースは「関係あり」の5枠、人気のある方、御神本騎手が鮮やかに1着。
 2頭のサンダー馬名馬の内、人気のない13番の方が3着。
 券王にしてみれば、両方が「そっちかい」な感じ。
 で。
 12Rに思考が飛びました。
 11R1着の5枠同枠は高橋厩舎。
 高橋厩舎は12Rにも出走。
 日刊スポではシルシ厚く、人気指数では1位。
 そこで来るのかな?
 また、12Rが春「雷」特別であった事。
 メインで3番13番にサンダー(雷)馬名馬出走で、13番が馬券に。
 その前、10Rにもサンダー馬名馬出走で1着していました。
 3頭中、11Rの3番だけ使われなかった、という事。
 春雷特別、その3番が高橋厩舎だった訳で。
 馬券は買いませんでしたが、12Rの3番は外から良い脚を見せるも、1番に競り負けて2着。
 人気割れていて、好配当になりました。

 ところで、メインで6枠馬が落馬競走中止。
 最終レースで、それに関連すると思われる結果にはなりませんでした。
 (火)メインへの予告?
 いや。
 新聞では、2/20(水)金盃で戸崎ラスト大井、と。
 そっちかな?
 (火)不発なら(水)メインの6枠注意、と思ってます。

 これも1つの経験、です。
 どんな事が行われるのか、考えて、見て、確認して。

 さて。
 フェブラリーSについてもう少し。

 まず、イオさん、ご無沙汰です。
 フェブラリーS、馬連・三複・三単まで、万馬券トリプル的中ですか!
 三単は10万オーバー、お見事。
 爆オメでした。

 日刊スポに、グレープブランデー・社台の吉田照哉代表のコメントがあり。
 「今日は結構自信はあったよ」
 だそうで。
 「関係者情報」がどうのこうの、の予想会社やら有料ブログやら。
 券王には不要だし、そもそもそんなもので勝てる訳がない、と思っていますが。
 もし、グレープに重い評価をしていなかったとしたら、そこは糞ですな。
 安田厩舎から馬の状態を聞いていた上での、吉田代表の強気、という事。
 その情報が入って来ないのでは話にならん。
 社台グループの情報こそ、まず吟味すべきもの、と言っても過言ではない訳だし。
 また、カレンブラックヒルを重視したところも、同様に糞。
 書きましたが、カレンの平田厩舎は(土)小倉メインを1着。
 人気の師匠筋橋口厩舎馬が「追い抜かない」という形で。
 券王にしてみれば、この時点で先に埋め合わせをしてもらっている、との解釈。
 平田厩舎、フェブラリーでメイチ勝負に出るつもりは初めからなかった、とさえ考えられます。 
 にもかかわらず、カレン重視とするなら、その情報は全くアテにならない。
 ま、このブログの常連さんで、そんなのに引っ掛かる人はいないと思いますが。

 それから。
 日刊スポにはアンカツがプレゼンター、の記事もあり。
 これがまた笑えます。
 以下、抜粋。
 *
 馬券は買わなかったが、期待していたのはお手馬だったダイワメジャー産駒のカレンブラックヒル。
 「あの馬(ダイワメジャー)はダートは間違いなく走ったから、やれると思ったんだけどね。
 カレンはちょっと体形が違ったかな」と見立て違いに苦笑いしていた。
 *
 ホント、この人は曲者、食わせ者。
 自分では馬券を買わずに、「カレンはダートやれそうだよ」ってか?
 
 おかげで配当が上がったのだから、それらもありがたい事、ですね。

 それにしても。
 レース映像を何度か見直しましたが、浜中はよくあそこで内から外へ持ち出せましたね~。
 これは「野暮」ってもんですが、あえて書きます。
 券王の印象、です、念のため。
 普通、あんなに上手く馬群を捌けますかね?
 券王が思うのは、プロレスとの共通項。
 例えばブレーンバスター。
 知ってます?
 高速、ならいざ知らず。
 滞空時間の長い、と称される場合。
 持ち上げた選手と、持ち上げられた選手が一直線になって静止、しばらく後に「バターン」。
 持ち上げられた選手の体が真っ直ぐになり、足が揃い、伸びている。
 これは、持ち上げられた選手が投げられ方を意識しなければ出来ないハズ。
 暴れると余計に危ない、としても、そこに意識がなければ、あんなに綺麗な形にはならないのでは?
 同じ事で。
 浜中の周囲が、外に持ち出すまで余計な動きをしない。
 グレープ抜け出すのを待って、和田騎手ワンダーがアクセルを。
 ワンダーは長めの距離で実績あるのだから、もう少し早めのスパートで勝負、の選択肢も。
 しかし、そうはせず。
 和田騎手の心情としては、浜中、早く抜け出してくれ、こっちも間に合わなくなる。
 で、慌てたせいなのか、テスタに配慮しないで追い出し、結果3着ながら騎乗停止に。
 あくまでも券王の印象、解釈ですので。
 
 その辺にしておきます。

 ところで、先週の戦犯ベリー騎手、中山記念ではダノンバラードを予定。
 池江厩舎2頭出しの構えで、有力かな?
 ベリー騎手はフェブラリーSのイジゲンでも出遅れ。
 ただ、この馬は出遅れ癖があるので、中山記念に堀・二ノ宮タッグがあるとしても2番手以降の評価。
 また、阪急杯に、安田厩舎のロードカナロアが登場。
 2週続き、しかも圧倒的人気馬。
 券王、軸にはしたくありません。
 それでも馬券媒体、1着まであるかも知れません。
 香港スプリント勝ちの功労馬ですからね。
 
 久々の長文、お付き合いいただきありがとうございました。
 また寄って下さい。
 
スポンサーサイト



テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム