FC2ブログ

いろいろ

 週中に記事更新は久しぶり。

 (水)、船橋競馬でダイオライト記念が行われました。
 興味深い結果になってます。

 (日)中山牝馬S、乗り替わりの横山典、人気のホエールキャプチャで凡走。
 何やってんだ。
 すると、ダイオライト記念、その横山典が騎乗して、ランフォルセ優勝。
 野球に例えれば、甘い球でも初球は見送りがち、みたいな。
 で。
 3着人気薄馬に騎乗したのが張田騎手。
 張田騎手、(月)船橋初日メインで、スタート直後の飛び降り、いや、落馬。
 券王、そのレースに少額ながら馬券参加。
 訳あって、1枠6枠8枠、と。
 見ると、1枠は人気薄。
 6枠は中位人気馬同居。
 8枠は圧倒的1番人気馬。
 で、枠連6-8、1点、安い270円、的中。
 実況を聞いていたんです。
 切った1枠に騎乗が張田騎手で。
 だから、知っていたんですね。
 あの落馬がダイオライトへ流れたか、と。

 相変わらず、忙しくて。
 なかなか、記事の更新に手が回りません。
 と言う割りに、ここ3週間ばかり、結構オッズの検証に力を入れていまして。
 いつもの定点観測による結果集計の他に、アレコレ考えつつ。
 結構、行ったり来たりで。
 試した事のあるものを少しアレンジしたりして。
 一応、単勝と馬連のバランスと重視プラスアルファで、4つのパターンについて、集計。
 うち、3つのパターン該当レースの集計では今年、単勝と馬連(7点~10点)で回収率100%越え。
 もう1つは、低配当中心で、回収率は100%割れ、しかし、複勝率は7割越え。
 先々週辺り、チョロッと該当馬を挙げたのも、上記パターンの中の該当馬。
 少なくとも夏のローカルまでは検証を続けるつもりで。
 それは、まあ、良いんです。
 単勝と馬連のバランスを中心に見ていると。
 どちらかといえば馬連過剰タイプの、中位人気馬の好走が目立つ様に感じます。
 特に、馬連過剰度の高い、上位2頭。
 では、どういう時にそれらの馬が走るのか?
 また、2頭のうち、どちらが走るのか?
 その辺が、ある程度、解明出来ないか?と。
 試行錯誤。
 その部分だけでも、2週間くらい考えています。
 発想の転換や、アイデアの閃きがないと。
 これ、という一応の答えも、なかなか見つからないでしょうが、とにかく、検証を。

  
競馬 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム