FC2ブログ

(日)回顧

 馬鹿な。
 シルクから、相手にトランセンド決め打ち。
 馬連は1点。
 ワイドもシルク・トランを本線。
 シルクは2着確保も、、トランが馬場掃除。
 かろうじて、シルク・ワンダーのワイドは持ってました。
 しかし、テスタは買っていない。
 シルク・ダノンのワイドも持っていない。
 最後、目の前が白くなりましたよ。
 3着写真で、ダノンの方だったら、馬券は全て不的中に。
 そんな馬鹿な。
 ハナ差でワンダーが3着。
 ワイド3-10で950円。
 最悪の事態は回避。

 しかし、トランが消えるか~。
前日両メインの大穴決着で、信用し過ぎてしまった。
 よく考えれば、大穴とはいっても、1番人気VS人気薄、の構造ではあった訳で・・・。

 知人から、今日もメールで的中報告が。
 シルクからテスタも押さえて馬連万馬券ゲット。
 オメ。
 抜け目のないヤツ。
 今度何かおごれ、と返信。

 フェブラリーSのメンバー構成を見て。
 平安Sを勝ったヒラボクキングが早々と回避を表明。
 ヒラボクワイルドは出走。
 ここが1つのポイントでした。
 前哨戦と言うべきG3の勝馬が出走しない。
 何故か?
 脱線して。
 その時点でワイルドも不要だろう、と。
 同厩舎同馬主、ここ勝負、であるなら、揃って出走して協力し合うと思うので。
 同様のことがトウショウ2頭にも。 
 カズンは出走、フリークは直前まで迷いつつ、結局京都の芝戦に出走。
 ヤル気なら、2頭出しになったでしょうから。
 戻って。
 もう1つの前哨戦、根岸Sの勝馬がシルクフォーチュン。
 ヒラボクキングが出走しない事で、こちらにアドヴァンテージが発生するのでは?
 そこから出発。
 シルクの藤沢則師とワンダーの佐藤正師は、同門。
 師匠が兄弟弟子同士の関係。
 藤沢則師は島崎厩舎所属。
 グランプリの矢作厩舎、調教師になる直前には、その島崎厩舎に所属。
 その辺の関係も勿論あり。
 出馬表の配列も良い、と思え、なおかつ、オッズからも気になる1頭。
 としてみると、かなり強力な馬だったのか。
 ところが、事前にはあまりピンと来ていなくて。
 買うならこの馬中心だけど・・・、みたいな。
 消極的な姿勢が馬券にも反映されてしまった形です。

 他のレースも、的中馬券を掴みはしましたが、いずれも低配当。
 馬券写真を載せるまでもない結果ばかり。
 とにかく、今週はチグハグなまま終わりました。
 反省点が多いです。
 反省しても、またすぐ失敗を繰り返してしまうんですが。

 今日もマイナス。
 しかし、今開催は根岸Sのおかげで大プラス。
 最後、フェブラリーSの馬連万馬券で締めたかったな・・・。
 
 また寄って下さい。

  
競馬 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム