FC2ブログ

皐月賞、枠順出た。

 皐月賞、枠順出ました。

 まずは、前項を参照。
 券王、自分で書いて、何度も読み返しています。
 
 スポーツ紙にて、JRAの皐月賞広告を見ました。
 当然の如く、ミホノブルボン絡みの内容でした。

 短絡的に。
 ブルボンは2枠4番で皐月賞を優勝。
 今回、2枠4番に人気のサダムパテックが。
 これ、大丈夫だろう、の声が聞こえてきます。
 果たして、そうでしょうかね?

 前項でも書きましたが。
 弥生賞勝ち馬。
 西園厩舎。
 この2点から、券王の最も買いたくない馬。
 囮に見えて仕方がありません。
 桜花賞の時は、「ベガ」の4枠8番に対し、ここで書いた様に2押し3押しを感じました。
 券王にしてみれば、今回、「押し」皆無。

 ミホノブルボン、どういう馬だったのか?
 朝日杯を勝ち、スプリングSを勝ち、皐月賞へ。
 今年、朝日杯勝ち馬グランプリボスは不出走。
 スプリングS勝ち馬オルフェーブルは出走してきました。
 券王、前項の通り、スプリングS勝ち馬の枠は重視して考えています。
 残念ながら、同枠はトーセンラーではありませんでしたが。

 出走メンバーを見て、人間関係を探ると。
 池江厩舎3頭出しプラス浅見厩舎。
 角居厩舎2頭出しプラス松田国厩舎。
 藤原英厩舎2頭出し。
 ダノン2頭出し。
 社台系4頭出し。
 金子馬主2頭出し。
 重複あり。

 で。
 今週、また有名馬の故障が判明。
 ダノンシャンティ(松田国厩舎)が屈腱炎で9ヶ月以上の休養見込み。
 先述オルフェの同枠は松田国厩舎。
 この6枠は、スプリングSの1、2着馬同居で、かなり怪しく映ります。
 もう1頭、ヴィクトワールピサ(角居厩舎)も軽い跛行で、香港遠征取り止め。
 しかし、これについては重視しなくても、と思います。
 2頭の故障、ニュアンス、というか、別物と感じるので。

 先週から、南関東公営競馬も再開。
 今週は大井開催。
 (火)(水)と、中央交流競走あり。
 (火)、JRAから遠征したのは三浦、丸山、村田。
 前にも書きましたが、三浦は南関に参戦すると、交流戦以外にも結構乗せてもらってます。
 この日も同じ。
 のみならず、丸山も幾つか騎乗。
 村田だけが、交流戦のみの騎乗。
 今週の村田は何か意味がありそう。
 それはそれとして。
 (水)。
 重賞を福永が人気薄ながら1着。
 この(土)から騎乗停止、その前に。
 何故、このタイミングで勝つのか?
 券王の考えでは、来週、天皇賞(春)と関係があるのでは?という事。
 つまりはトゥザグローリーに騎乗して馬券になるハズだったのに乗れなくなって。
 その埋め合わせ、というか。
 そう考えられるし、すると、前項で触れた、池江厩舎絡みの考えは正解?
 それはさておき。
 (水)、交流戦は2レース。
 9Rと11R(重賞)。
 合計8人のJRA騎手が両レースに参戦。
 三浦は7,8,9,10,11,12R、と6鞍も騎乗。
 それは、前述の通り、珍しくはありません。
 因みに、3着1回。
 で、それ以外にたった1人、交流戦以外のレースに騎乗した騎手がいたんです。
 当然、今週の注目騎手です。
 券王、トーセンラーを重視している割に、誰が騎乗するのか、今日(木)、知りました。
 今日のスポーツ紙を見て、「アレ?そうだったの?」と。
 勿論、蛯名騎手です。

 今週は「お告げ」がある予定。
 と書くとオカルトっぽいですね。
 過去、確か1度だけ、これについて触れました。
 その後、待てど暮らせど、現れませんでした。
 大阪杯の週、突如として?出現。
 エイシンフラッシュを軸にした理由の1つがそれ。 
 しかし、3着止まり。
 馬券になったら理由を半分書きます、としながら、書きませんでした。
 何故3着だったのか、も、一応説明はつく、というか、解釈出来ます。
 ま、とにかく、そんな訳で、別方面からも強調材料があるかも。

  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム