FC2ブログ

池江厩舎

 池江厩舎の事を。

 先週(金)のスポーツ新聞にて。
 池江郎厩舎から池江寿厩舎への移籍馬について、記事が。
 ダノンバラード、トゥザグローリー、バーディバーディ、フォゲッタブル、リルダヴァル。
 記事では、以上の5頭が息子厩舎へ移籍。
 他は、新規開業厩舎へ。
 そんな内容でした。
 ゴールスキーは既に移籍済みです。
 
 馬主サイドの意向もあるのでしょう。
 皆さんはどう思われますか?
 いや、その答を聞きたい訳ではありません。

 券王は、善し悪しではなくて、「何だかな~」「よくやるよ」と。

 で、その記事を読んで。
 だから、前週京都牝馬Sでヒカルアマランサスが2着に来たのか。
 くらいは思いましたよ。
 小倉大賞典にしても、人気のリルダヴァルは軸には不適当。(3着)
 しかし、バトルバニヤンが2着に食い込んだのを確認して。
 東京新聞杯のゴールスキーは勝ちに来ないだろう、と。
 この辺は「呼吸」と呼ぶより他はなし。
 少なくとも、「それ」が発表された直後くらいは、人気で勝ちに出ない。
 だからと言って、キングストリートが軸に出来るか?
 ここしばらく、池江親子厩舎馬が重賞で連続好走。
 それがなければ、内田騎手の妙もあり、軸として考えられる1頭でした。

 誤解を恐れずに、想像すれば。
 今後の期待馬をみんな息子厩舎へ移籍させて。
 他の馬主さんはどんな気持ちなのかな?
 とか。
 親バカ過ぎはしないか?
 とか。
 池江郎師が「善い人」であればあるほど、ある種の後ろめたさを感じるのでは?
 だから。
 息子厩舎移籍しない(と思われる)、ヒカル、バトル、キングの激走に繋がった。
 それだけ、誠心誠意、仕上げた、と。
 券王には、そんな風に感じられました。
 馬券には活かせませんでした。
 また、今後、同様の出来事に遭遇するかどうかも分かりませんが。

 今週重賞の登録馬で。
 共同通信杯に、前記ダノンバラードが予定。
 なおかつ、京都記念にトゥザグローリーが予定。
 「流れ」から考えれば。
 言い方が難しいですが、ほとぼりが冷めるまで。
 もしかしたら池江郎師が引退するまで。
 これらの馬(息子厩舎への移籍馬)は勝たないのでは?
 しかし、東京新聞杯でダノンヨーヨーが圧倒的人気で着外。
 共同通信杯のバラードが軸に不適当、とすると。
 京都記念のシャンティに激走の目はないか?
 今、それを考えています。

  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム