FC2ブログ

G2戦・考察

 日経新春杯とAJCCに対する考察を。

 ルーラーシップは、当初、ローズキングダムとの兼ね合いから、AJCCに出走予定。
 しかし、デキが絶好で、1週待つとデキ落ちの可能性も考えられた。
 そこで、角居師がオーナーサイドに進言。
 OKを貰い、日経新春杯に前倒し出走で優勝。
 レース後のコメントから、という経緯だった様です。

 両G2で、ルーラーと同馬主(サンデーレーシング)馬は、というと、
 日経新春杯にローズキングダムが出走。
 次。
 サンデーレーシングの母体、とも言える、生産牧場、ノーザンF。
 日経新春杯出走の2頭。
 すなわち、馬主サンデーレーシングのルーラーとローズ。
 そして、AJCCに出走のトーセンジョーダン。
 この3頭がノーザンF生産馬。

 以上を踏まえての想像を。

 日経新春杯。
 有馬記念を出走取り消しのローズキングダムが出走。
 表向きには「疝痛」。
 しかし、その時点で、券王はデキ落ちと考えていました。
 その辺の事は過去記事参照。
 かたや、ライバルと目されたヒルノダムール。
 こちらは鳴尾記念をルーラーに1/2身差2着、で好調をキープ。
 まともならローズの力が上でしょうが。
 状態面を考えると、際どい勝負になりそう。

 翌週のAJCC。
 手薄なメンバーながら、トーセンジョーダンは万全の体勢。
 デキ落ちの予想されるルーラーと対決した場合、これも際どくなりそう。
 
 際どい勝負、という事は。
 結構、目一杯のレースになるかも知れない訳で。
 それでも勝てれば良いですが、負ければ、いろんな意味でダメージが大きい。
 G1なら、勝負に出る価値もあるでしょうが、今回、そこまでギリギリのレースはしたくない。

 キツイ競馬をしたとしても、両方勝てるか分からない。
 それよりは楽な競馬で確実に1勝を。
 日経新春杯。
 ローズに無理をさせるより、絶好調のルーラーが主役のレースをさせる。
 ローズはアシスト役で構わなかったハズ。
 ルーラー、非常に楽に抜け出して優勝した、と感じました。

 で。
 AJCC。
 トーセンが万全。
 ルーラーが出なければ、勝つのはこれしかいない、という状況だったのでしょう。
 それなら、それで良し。 
 というのも、ノーザンF生産馬だから。
 トーセンがAJCCを勝った場合。
 券王の認識に間違いがなければ500万円以上の生産者賞(牧場・繁殖牝馬所有の計)がJRAからノーザンFに入るハズ。
 しかも、馬主さんにも喜んでもらえ、次の馬の購入に繋がる、と。
 もし、例えば金杯勝ちのコスモファントムが更に調子を上げていた、としたら。
 2着の場合、もらえる生産者賞は半額以下。
 しかし、コスモを始め、トーセンに勝てるデキの馬は出走しない見込み。
 だったら、尚更、ルーラーは日経新春杯へ。

 そんな訳で、トーセンジョーダンの1着は、相当固かったのだろう、と。
 上手く書けたかどうかは分かりませんが、そんな背景を想像しています。
 しかし、馬券を外した愚か者の券王、情けなや・・・。

 因みに、「固い」という事について。
 圧倒的人気だから「固い」のではありません。
 低配当馬券に対して「固い」と言ってしまう、書いてしまう事もありますが、それは言葉のアヤ。
 
  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム