FC2ブログ

2頭軸、云々

 このページ右上に「予想方法」とあって、「場合によっては2頭軸からの組み立ても」としていますが、それについてはまだここに書いていません。
 2頭軸からの馬券攻略法を考えまして、今年のフェブラリーSまでの資料や解説と、翌週後半レースについての実践例をまとめまして。
 面識のある編集者が在籍している競馬雑誌に投稿してみました。
 2頭軸なので、当然のように良く当たります。当然のように点数は多くなりますが。
 軸馬候補2頭のうち、少なくとも1頭が馬券になる(3着以内)確率は年明け~フェブラリーSまでの16日間では約75%。翌週、実践例に挙げた2日間からは不調気味で的中率が落ち、65%程度。
 圧倒的人気馬もピックアップされますが、10倍以上の単勝も出たりして。
 1着時の単勝平均配当は4.3倍強。馬券対象時の複勝平均配当は1.7倍強。
 因みに実践例では後半8R以降、3場開催で、三連複万馬券は4つ的中。(うち200倍超えが2つ)まずまずの成績だったと思います。2日間の回収率も、馬連、馬単、三連複、三連単ともに100%オーバーでした。
 特別良く当たった日を選んだのではありません。

 編集者の反応は
  ・方法論には多少なりとも新しさがある。
  ・集計データや実践例を見て、まずまずの成績をおさめている。
 と良い事も言ってもらえました。
 しかし。反面。
  ・8時半頃のオッズは誰でもが取得出来るものではない。(IPATやJRA-VAN)
  ・「オッズ分析」という分野はかなりマニアックなので、雑誌の読者ターゲットとズレがある。
 「単に、読者の投稿コーナーに載せるなら良いが、それでは少しもったいないのでは?」

 社交辞令もあるでしょうが、単行本を目指してみたら、とすすめられましたので、別の出版社へ送ってみました。
 何か起こるかもしれません。起こらなければ、その時は全容をここに書くかも知れません。
 2頭軸のブン回し作戦で、ある意味邪道とも言えるでしょう。
 券王も最初は抵抗がありました。
 しかし、「まず、当てる事!」には即した方法にはなっていると思います。
 
 ついでに書くと、「まず、当てる事!」とは言うけれど、圧倒的人気馬ばかり狙っていたのでは、なかなか勝てないのも事実。
 時々はある程度の高配当も的中できる方法論でないと、不的中が続いた時に取り返せなくなってしまいます。
 先日、圧倒的人気馬からの馬券考察を書きましたが、例えば圧倒的人気馬絡みで万馬券が出る時は、相手がかなりの人気薄馬、という事。結局そこまで手が回らないから、決め打ちしないと取りきれない、というか。
 
 この辺りの事は、今後も多分書いていくと思います。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム