(日)回顧

 小倉大賞典。
 これは非常に上手く行きました。
 このレースのポイントは、秋季等距離上級戦出走、プラス、ハンデ重賞蓮対歴、で良さそう。
 該当の8枠が、見事に2着。
 本日、1番勝負したのはフェブラリーSで、それに比べれば少ない金額の投入でしたが。
 相手本線に、7枠14番で。
 川田騎手の(土)(日)数字合わせ。
 プラス、何故、小倉遠征なのか?
 それも意味のある事でした。
 枠連33.7倍、ワイド46.9倍、的中の大勝利。

無題2

無題

 続く、京都11R。
 ブログには何も書いていませんが、各場のメインに対しての「気づき」があって。
 メインレースを示唆している物があるかも?と。
 候補馬は幾つか出てしまうのですが。
 小倉大賞典だったら、1着14番も、該当馬の1つ。
 フェブラリーSだったら、こちらも1着12番も、該当馬の1つ。
 で、京都11R。
 おあつらえ向きに、人気に応えて連に絡みそうな1番人気馬の出走あり。
 15番松山騎手。
 直前10R、8頭立て7番は、1順して15番。
 同馬番連続騎乗、関西圏は自身に注意、ですから。
 なので、15番から、示唆の該当馬に馬連流し。
 これが奏功。
 1着人気薄8番も該当馬の1頭、これが逃げ残って1着。
 2着に15番。
 馬連17.1倍、的中。
 これ、馬券購入時は28倍だったのですがね~。

無題4

 そして迎えた、フェブラリーS。
 6枠のプラス材料が、沢山。
 ご丁寧に、10Rの6枠、12Rの6枠、出走取り消しまで出してくれて。
 逆に、7枠は暗雲漂うそれまでの展開、に感じた券王。
 7枠は無視できないものの、ゴールドドリームは、少なくとも勝ちには来ないだろう、と。
 直線最後の叩き合いはシビレました。
 どうせなら、7枠3着なら良かったな~、なんて。
 資金配分的には、2-6と6-6なら最高、その次が6-7、なので、御の字なのですが。
 それじゃあ、皆が的中しちゃうじゃないですか。
 と、意地悪を言ってみたりして。
 ノンコがゴールドを競り落とした時に、内からインカンが迫っていたので、良し!、と一瞬思いましたけどね。
 来年も、優先出走権あり、の枠に要注意の、フェブラリーSです。
 ともあれ。
 単勝10.7倍、枠連8.7倍、的中。
 
無題5

無題3

 京都12R。
 一応参加しましたが、先行戦で既に馬券になった5枠です。
 割り引いて、少額参加で正解でした。

 東京12R。
 7枠ムーアの単勝を買いましたが、1着は同枠馬。
 2番人気ムーアは、なんとドン尻!

 いや~、良かった。
 今開催も前開催と同様、マイナス先行で。
 まさか、年明け2開催連続でマイナスなのかよ、情けない・・・、と。
 しかし、最終日で大逆転出来ました。
 小倉大賞典の的中、大きかったですね~。
 相手が本線だったし。
 そしてフェブラリーS。
 ここは単勝の的中が効きました。
 次開催は、プラス先行出来る様に頑張ります。
スポンサーサイト

(日)競馬・3

 メインの回顧は後回し。
 
 京都12Rの10番は、金額を下げて参加。
 東京12R、メインを勝てなかったムーア騎手が、同じ7枠で、憂さ晴らしか?
 ムーアは本日7枠で1着2回、2着1回ですが、ね~。

(日)競馬・2

 東京8Rまで終了。
 4Rに続き、8Rでも7枠ムーアが1着。
 ますます、ゴールドドリーム危うし、に思える券王です。
 対して、5Rで岩田が、7Rで内田が、それぞれ馬券に絡まなかった、6枠、です。
 フェブラリーSは6枠軸で。

 京都。
 5Rの、バルジュー・中井の5枠が2着に。
 12R、狙っていた5枠が、同じくバルジュー・中井の同居枠で券王スペシャル。
 先行戦で馬券に絡んだ以上は、強く買うのは止めます。

(日)競馬

 午前中のレースが終了。

 東京1R。
 軸4枠、8番が逃げて、5着まで。
 馬券は外れ。
 それ自体は残念ですが。
 6枠の加藤征厩舎馬、新聞のシルシのイメージほどには人気がなく、4番人気ではありましたが4着。
 これで、メインの6枠が買い易くなった。
 と思ったところで、続く2R。
 6枠の人気薄ユメ馬名馬が3着に。
 微妙・・・。
 4Rで、7枠ムーア騎手が1着。
 これはメインに向けて、券王的には7枠不安を煽る結果。
 まだ馬券は買いません。
 もうちょっと流れを見て。
 8R終了後くらいに、何か書きます。 

(日)競馬・前夜版

 (日)競馬の前夜版。

 フェブラリーS。
 枠順発表前に注目していた馬番や枠番が合った事については、(土)前夜版に。
 そこに配された馬も含め、人気どころが、軒並みイレギュラー馬。
 ゾロ目開催重賞、除外戦、取り消し戦、祝日競馬、の勝利馬。
 治外法権戦、という事?
 
 まず、優先出走権馬に着目。
 優先出走権を持った馬の枠が、毎年蓮対。
 今年は、東海S勝ちの10番と、根岸S勝ちの12番が該当。
 根岸Sが、除外戦のイレギュラーなので、10番(5枠)>12番(6枠)、なのか。
 5枠10番は事前に注目の馬番にも該当だし。
 ただ、枠順的なプラス材料が感じられないんですね。
 (土)前夜版では、素直に行くなら14番、と。
 平田・石坂の関係、そして、事前注目の7枠。
 レッツゴードンキと組んで、G1馬同居枠に。
 しかし、1番人気で。
 フェブラリーS→チャンピオンズC→フェブラリーS、と連続で?
 (土)京都12Rで、シルバードリームが除外に。
 ゴールドドリーム、ですよ?
 そもそもが、人気薄1着→次走人気で凡走、のケースが、どれだけ多い事か。
 という訳で、相手には重視せざるを得ない馬だとしても、軸にはしたくありません。
 結局、11番の6枠ありき、の考察になってしまいます。
 注目数字は11番、でしたが、同枠12番の方が、枠順的には良い形かも。
 なので、まず、6-6。
 枠連は2-6を重視。
 後は、1Rの結果を確認してから。

 小倉大賞典。
 (土)(日)メインの比較で。
 4枠ドリーム馬名馬。
 8番(逆8番)和田。
 4番(逆4番)川田。
 が、(土)起用されずに残りました。
 昨年の回顧を見返すと、秋季等距離上級戦出走馬に注意だ、と。
 5番15番16番が該当、この3頭はいずれも牝馬で、8枠に同居です。
 そして、ハンデ重賞蓮対歴が、8枠にはあり、3枠にはない。
 だから、8枠>3枠、と考えていたのですが、現在、8枠2頭が、ブービー&最低人気。
 ここは、思い切って、8枠からの馬券にします。
 (土)横山典についても同様の事を書来ましたが、川田騎手、何故、小倉遠征なのか?
 12番木幡巧、13番川田、で、連続接触。
 それもあって、相手筆頭は13番。
 
 その他で。

 しばらく出現しなかった、少なくともどちらかが高確率で、のパターン発見。
 東京1R2Rの4枠です。
 形的に、本来は2Rの方で狙えればよいのですが、1Rの方が人気だし、枠順も良い形。
 まず、この1Rに参加です。

 そして、京都12R。
 (土)小倉メインで、1番人気のバルジュー・中内田コンビが馬券にならず。
 14頭立ての5番=逆10番でした。
 (日)京都12R、舞台を移して、10番にバルジュー・中内田、です。
 現在、単勝1番人気ですが、人気は割れて、配当妙味はありそう。
プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム