(日)回顧

 (日)回顧。

 重賞は、昨日、立川で前売り購入済み。
 鎌倉Sと福島中央テレビ杯を、ネットで軽く追加。

 鎌倉S。
 軸1枠不発。
 もう1頭の前走勝ち上がり7番の4枠も不発。
 どうも、タイミングが悪いです。

 福島中央テレビ杯。
 軸4番は不発。
 前へ行って結果を残しているのに、今日は中団の位置取り。
 ダメだ、と思いました。
 2着に、12番。
 同舞台500万1着馬は馬券に絡んだんです。
 取捨選択に失敗、その1。
 この8枠12番に机上は北村友。
 本日、8枠で4回騎乗、ここまでの3回とも、8枠自体が馬券にならず。
 そこまで考えれば、8枠は無視出来ないことになりますがね・・・。
 4枠4番、1番人気馬を嫌う理由もない訳で。

 マイラーズC。
 軸11番イスラボニータ、直線鋭く伸びて1着。
 外目から、エアスピネルも追いすがって、これが2着。
 逃げたヤングマンパワーが、案外粘って、相手に持っていなかったのでヒヤッとしました。
 馬連5.7倍、的中でした。
IMGP3262.jpg

 フローラS。
 軸5番ホウオウパヒューム、良いところなく着外。
 ここも、注目していた前走500万勝ち馬2頭のうちのもう1頭、1番が人気薄1着に。
 取捨選択に失敗、その2。
 この1枠は7R4枠と騎手セットで、7Rでは不発。
 だから、人気薄でも狙う手はあります。
 人気の3枠を切って1枠を軸にするのは、かなり困難。
 2着の7番は、3歳牝馬重賞出走歴のある馬なので、決着構造は守られました。
 重賞歴馬が勝つのでは?と思っていましたが。
 
 今日は福島中央テレビ杯と鎌倉Sを買った分、マイラーズC的中の浮きを食って、マイナス。 
 (土)(日)では若干プラスが残りました。
 もう1歩、でした。
スポンサーサイト

(土)回顧と(日)競馬

 (土)回顧。

 橘S。
 1番と6番の比較で6番を軸に、馬連流しと、ワイドは2番9番へ、2点。
 スタートから快調に逃げ手、これは・と思わせてくれましたが、直線半ばで失速。
 結局、同馬主馬が、鋭く差して来て1着。
 ペースメーカーになる形だった訳です。
 内から1番が突っ込んで、3着。
 芝1400mの500万条件戦勝ち馬、今年はとうとう3着止まりに終わりました。
 この6枠不発で、続く京都メインは騎手セットの4枠場が人気に応えて1着でした。
 そんな流れも確認して。
 
 福島牝馬S。
 軸8番で、相手は絞って、枠順的に良い形だった3枠へは、やや多目に。
 8番は、スタートから途中までは中団後方辺り。
 3番が仕掛けて捲っていくタイミングで、ジワリと差を詰めたのが良いムード。
 直線は前が開いて9番と併せる形で楽に伸び手馬券圏内へ。
 外から凄い脚の6番には屈しましたが2着。
 非常に効率の良い的中馬券になりました。
 枠連15.5倍、ワイドは11,6倍と6.1倍の2点的中。
 投入資金的には、橘S>福島牝馬S>>>花見山特別でしたが、この的中でプラス確定。
IMGP3261.jpg

 花見山特別。
 軸4枠は、4着まで。
 まあ、セオリー該当馬が多過ぎのレースでした。
 勝ち馬も2着同枠馬も、該当馬だった、と。
 そして、人気通りに決着の、ワンツースリー。

 という事で、初日はやや浮きスタート。

 (日)競馬。
 
 フローラS。
 前日、は波山特別で、軸にしながら、実は7番はあまり買いたくない、と。
 このレースで、同厩舎である奥村厩舎馬の5番を軸にする関係から、だったんですね。
 前走、500万条件戦勝ち馬は2頭が出走で、1番と5番なので、 1枠か3枠が軸候補。
 この両枠は、OP馬が配されながらも、OP歴のない馬の枠、という点で、「対」になる存在でもあります。
 週中に書いた過去の結果から、相手には3歳牝馬重賞歴のある馬の枠を重視。
 そして、タイプとしては、そちらが1着候補ではないか?の気持ち。
 人間関係的にも、5番は13番と関係あり。
 13番は8番とも関係あるので、13番も有力ではありますが。
 6番からの馬連と、馬単2着付けを少々。

 マイラーズC。
 過去を調べると、G1連対馬が強いレース。
 2頭が出走で4番11番。
 ですが。
 4番の2着したG1は朝日杯FSなので、割引き。
 軸は11番イスラボニータです。
 ルメールは、1番人気で着外の(土)東京メインと数字合わせもあります。
 もう1頭、(土)(日)メインで8番の音無厩舎、これも注意。
 イスラの栗田博厩舎は、(土)橘Sで1番人気1着ですが、ここは2番人気だし。
 ある意味、固め撃ちも容認、の昨今なので。
 相手ですが。
 このレース、2頭出しが3種。
 音無厩舎が2番8番。
 金子馬主が3番7番。
 笹田厩舎が4番10番。
 人気馬が軒並み含まれてます。
 人気決着も仕方なし。
 
 と、以上、2つのレース、(日)の枠順もザッと検討した上で、前売りで購入済み。

 他。

 鎌倉Sはハンデ戦に変更レース。
 前走下級戦勝ち上がり馬は2頭出走して、2番7番。
 これは2番の1枠でしょう。
 2番ではなく、同枠1番の方に買い目がありそうな気もします。
 1枠からだと、妙味は少ないですが、枠連、5点程度なら。

 最後、福島中央テレビ杯。
 過去4年遡って。
 ローカルの1000万条件戦らしく、500万条件を同舞台(福島芝1200)で勝利した馬が好走。
 2013年 →2着
 2014年 →1着
 2015年 →1着
 2016年 →1着
 です。
 特に、ここ3年は、同舞台500万1着の後、1000万条件戦でも馬券対象になった馬が1着。
 今年、同舞台500万1着馬は3頭が出走で、2番4番12番。
 軸は、前走に引き続き4番にします。
 4番横山和と5番国枝、一応関係あり。
 ま、5番と10番の方が強いのかも知れませんが。
 7枠10番木村厩舎は、東京メインのフローラSでも7枠。
 等もあり、4番からの相手筆頭は10番、そして6番を重視して。
 1番人気4番軸で、ここも配当妙味が少ないので、ワイド2点に決め打ちしつつ、馬連少々にしようか、と。

4/22(土)競馬・前夜版

 (土)競馬の前夜版。

 福島牝馬S。
 中山牝馬S組を、と。
 5頭が出走です。
 2番の1枠、15番の8枠は、人気薄だし、軸には出来ない、として。
 6番の3枠、8番の4枠、9番の5枠、どれを軸にするか?
 枠順的には3枠が良い形。
 ただ、昨年の2着馬が、前走、牝馬限定1600万条件戦初音S1着で。
 8番が、昨年と同条件の初音S1着→中山牝馬S、という形。
 同枠7番の前走は1000万条件戦勝ちですが、それも牝馬限定戦。
 軸は、8番の4枠にしてみます。

 福島12R花見山特別は、ハンデ戦に変更レース。
 前走下級戦勝ち上がり馬は7頭出走。(障害未勝利戦勝ち馬は除く)
 4枠に2頭揃いました。
 7番が良さそうですが、7番はあまり買いたくないんですよね。
 ま、4枠からの枠連でも、今のところどの組み合わせでも10倍以上あるので。
 素直に4枠から、行きます。

 最後、京都10R橘S。
 週中に書いた通りで、1400mの500万条件戦を勝っている馬を重視。
 該当馬は2頭で、1番6番。
 東スポのシルシ的には、6番>1番、ですが、現在1番が単勝1番人気に。
 現在2番陰気で、おそらく、最終的には1番人気になると思われる9番と、件の6番が、同馬主なんですね。
 1-9、は問題ありませんが、6-9、は親子丼で買いづらい。
 皐月賞は厩舎の親子丼決着でしたが。
 逆に言えば、6番軸なら9番は本線に馳せず、の姿勢で。
 軸は6番の6枠。
 11Rの4枠と騎手セットだし。
 西村厩舎2頭出しで接触なので、2番が相手筆頭か。
 一応、ここが主力。

 開催1週目初日、上手くスタートが切れれば良いのですが。

今週の競馬・2

 今週の競馬・2。

 鎌倉Sと花見山特別が、ハンデ戦に変更レース。
 鎌倉Sは21頭登録にしては、前走勝ち上がりのセオリー該当馬が少なく、2頭だけ。
 花見山特別は40頭登録で、該当馬、多数、これだと絞りきれない感じ。
 因みに、先週(日)福島メインもハンデ戦変更レース。
 券王、皐月賞一本で行ったので見送りましたが、該当馬が2頭出走で、その枠が1着3着でした。

 前項で書いた、フローラS以外にも、2レース調べました。

 福島牝馬S。
 過去4年、遡りましたが、ポイントになりそうなのは、2つ。
 
 A・・・3歳牝馬限定重賞歴
 B・・・中山牝馬S出走歴
 
 2016年。
 1着 A
 同枠 A B
 2着 
 同枠

 2015年。
 1着 A B
 同枠 B
 2着 A
 同枠 A

 2014年。 ←第11回
 1着 B
 同枠 A B
 2着 A B
 同枠 A B
 
 2013年。
 1着 A B
 同枠 A B
 2着 A B
 同枠 A B

 となっています。
 とにかく、等距離の、同じ牝馬限定重賞、中山牝馬S出走馬が目印になり易いですね。
 これは、当年、と考えて良いと思います。(上記結果には、前年の出走も含んでいますが)
 そして、連対枠の少なくとも片方には、AB馬が配されています。
 今年、19頭登録で、B馬は5頭ですが、いずれもAB馬。
 予想オッズのサイトを見ると、人気どころになりそうな。
 後は枠の組み合わせを見て。

 もう1つは、橘S。
 過去6年を遡って。
 ポイントになりそうなのは、1つ。

 1400mの500万条件戦を勝利。(芝・ダート、不問)

 2016年・・・2着馬
 2015年・・・2着馬
 2014年・・・該当馬の出走なし
 2013年・・・1着馬
 2012年・・・2着馬及び同枠馬
 2011年・・・1着同枠馬
 
 という結果。
 今年は登録15頭で、該当馬は2頭。
 これは狙い易いかも。

 そんなところで。

今週の競馬

 皐月賞は惨敗でしたが、打たれ強くなくては、馬券ファンはやっていられません。
 という事で、今週の競馬について。

 オークストライアル、フローラSについて、調べました。
 過去5年、遡って。
 2015年が、ゾロ目決着でした。
 ひとまず、それは無視して。
 ポイントは、2つ。
 
 A・・・前走500万条件戦勝ち
 B・・・3歳牝馬重賞歴

 2016年。
 1着 B
 同枠 B
 同枠 B
 2着 A
 同枠

 2015年。 ←ゾロ目決着
 1着 A
 2着 B

 2014年。
 1着
 同枠
 2着 A B
 同枠 A

 2013年。
 1着
 同枠 A
 2着 B
 同枠

 2012年。
 1着 A B
 同枠
 2着 B
 同枠

 となっています。
 連対枠の、少なくとも片方に、前走、500万条件戦を勝った、「A」馬が配されています。
 そして、2015年のゾロ目決着について、ですが。
 それまで、2着枠に配されていた「B」馬が、2015年にゾロ目の1着同枠。(自身2着)
 翌年、つまり、昨年、1着枠に「B」馬が揃う結果になりました。
 *2012年は、1着が「AB」馬なので「A」が優先されたと解釈、2着が「B」です。
 
 今年の登録馬をチェックすると。
 A馬は2頭だけ。
 どちらかの枠を軸(一応、2着候補)にして。
 相手に、3歳牝馬重賞出走馬の枠を中心視。
 牝馬重賞歴はないものの、牝馬OP特別連対馬の登録があるので、それも含める感じで。
 こちらは、登録7頭。
 同居枠があればそこ重視で。
 A馬2頭のうち、1頭は、1番人気になりそう?
 人気割れて妙味があれば。
プロフィール

富士之松 券王

Author:富士之松 券王
まず、当てる事!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
予想方法
午前中、早い時間帯のオッズを分析して予想。その他、各種裏読みも。
*注意
馬券は自己責任で、ご購入下さい。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム